2分でわかる!GeForce NOWの仕組みとメリット

what-is-geforce-now00_R

「スマホやノートPCでも、ガッツリPCゲーを遊べる!」

こんな宣伝で、世間の注目を浴びている GeForce NOW Powered by SoftBank。

 

「本当にちゃんと遊べるの?」

「動作の軽さはどの程度?」

このような疑問を持たれていませんか?

 

私自身、日ごろはPCでSteamをプレイする身。

「ほんとかいな?」と疑念を抱いていました。

そう、実際にGeForce NOWを体験するまでは・・・

 

本記事では、GeForce NOWの仕組み・メリットについて解説させていただきます。。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

 



GeForce NOWの仕組み

ゲームの処理をサーバー側(ソフトバンク)で実行。

その結果をユーザー側へ、映像として送信します。

what-is-geforce-now01_R

高クオリティなゲームほど、処理にかかる負荷は増大。

通常であればそのために、高性能なPCが必要になります。

 

この部分を、「あちら」がやってくれるというわけです (^^)

そのため通常ののPCやノートPC、さらにはスマホでも快適なプレイが可能に。

GeForce NOWのメリット

動作の軽さ

ここが最大の魅力であり、かつ気になる点ではないでしょうか。

 

軽いのはわかったけど、実際どの程度軽いのよ?

 

このような疑問を持たれている方は少なくないはず。

具体的な数値を知るべく、検証してみました。

 

  • 検証条件

 

使用タイトルは「Subnautica:Below Zero」。

Steam、およびGeForce NOW(GFNと略称)で起動。

それぞれの使用率を、タスクマネージャーで1分間計測。その平均を結果としました。

what-is-geforce-now02_R

また、使用PCのスペックは以下の通り。

 

・CPU     : Intel Core i7-7700 (3.60 GHz)

・メモリ    : 16 GB RAM

・グラフィック : NVIDIA GeForce GTX 1070 (8 GB)

 

必要な部分のみ抜粋しております。

 

  • 結果

 

what-is-geforce-now03_R

「え・・・こんなに軽いの?」私自身、驚きの結果に。

CPUは約1/7の5.1%、メモリに至っては約1/16の182.1 MB となりました。

 

また、GPUに関しては約1/4の20.4%に。

これは私のPC環境においては、Youtubeで「フルHD・60fps」動画の閲覧時と同程度になります。

 

「これなら、ノートPCやスマホでも問題なく動作しそう・・・」

このような印象です。

容量の節約に

ゲームデータはサーバーに保存されます。

そのため50 GBや100 GBといった、ファイルサイズが大きいゲームで問題なし。

 

あー、SSDの容量がいっぱいだよ・・・どれかHDDに移さないと

 

こういった心配が一切なくなります。

 

より実感しやすいよう、Dead by Daylightのインストール時を例にご説明。

ゲームファイルは約30 GB。なかなかの大容量です。

諸々のデータは「GeForec NOW」フォルダに格納。

 

このフォルダのサイズを、インストール前後で比較してきます。

what-is-geforce-now04_R

インストール前の386 MBに対し、インストール後のサイズは 388 MB

わずか 2MB 程度の増加に留まっています。

 

これならば、容量不足に悩まされることもありませんね (*^^*)

インストールにかかる時間がほぼ0

GeForce NOW で新たにゲームを開始する場合、通常同様インストールを行います。

この時間が本当に短い。5タイトル試しましたが、すべて5秒程度で完了しました。

 

「ほぼ0」というのは大げさだったかもしれませんが・・・

通常であれば、数分かかるのが当然のインストール。

 

それと比べれば、まさに一瞬。びっくりしますよ!

無料期間中のキャンセルもOK!

サービス本登録後の一定期間、月額料金が無料となります。

(※ 6月中に本登録したユーザーは、本登録日から61日間無料。7月中の場合は31日間、8月以降だと14日間)

 

※2020年9月1日追記

9月1日より、本登録後の無料期間が「31日間」に変更されました。

 

しかも、 無料期間中のキャンセルもOK

 

「とりあえず、事前登録してお試しプレイ。気に入らなかったら無料の間にキャンセル。」

こんなことも可能です。

 

金をかけたのに、全然使えなかった・・・

 

こういったリスクが一切ありません。良心的ですね (^^)

 

Geforce NOWの申し込みは、下記の公式サイトから行うことができます。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」公式サイト

GeForce NOWの必要スペック・要件

PC

  • OS

Windows 7以降(64bitのみ)

Mac OS 10.10以降

 

  • CPU

2.0 GHz以上のデュアルコアX86 CPU

 

  • メモリ

4 GB

 

  • グラフィック

DirectX 11をサポートするGPU

または、

NVIDIA GeForce 600シリーズ以降

AMD Radeon HD 3000シリーズ以降

Intel HD Graphics 2000シリーズ以降

スマホ、タブレット

  • OS

Android OS 5.0以降

 

  • メモリ

2 GB

 

 

GeForce NOWの仕組みとメリットについての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「GeForce NOW Powered by SoftBank」の最新情報はこちらから

「GeForce NOW Powered by SoftBank」公式サイト

 

=>『GeForce NOW』記事一覧

=>『トップページ』に戻る