VR

おススメタイトル

猿になって人間を撃ちまくるVRゲーム「Crisis on the Planet of the Apes」

かの有名な映画、「猿の惑星」をベースにしたVRアクションアドベンチャーゲーム「Crisis on the Planet of the Apes」。 2018年4月3日にリリース。現在HTC Vive、 Oculus Rift、 PlayStation VRに対応しており、今後対応デバイスを拡大予定とのこと。 実は、猿の惑星について全然詳しくないのですが・・・ なにやら猿になって檻から脱出したり、人間と戦ったり楽しそうなゲームだなと。 そしてリリース直後で安くて・・・4月17日までは33%オフの1,018円です! こんな浅ましい気持ちで購入しましたが、ダラダラと汗をかくほど夢中になりました! 本記事では「Crisis on the Planet of the Apes」の概要やおすすめポイントをご紹介していきます(HTC Viveを使用)。 興味を持たれた方、ぜひご覧になってくださいませ。 概要 猿インフルエンザの流行から5年が経過、人類の半数は死亡した。 残された人類は治療法開発のため猿を捕獲。化学施設に収容し、研究材料となっている。 主人公(猿)も同様に捕虜として施設に連れられてきた。 他の猿たちと共に脱出を試みるが、そこには人類が立ちはだかる。 どうなることやら、猿たちの運命やいかに。 システム 指示に従いゲームが進む 「ここに移動する」「この壁を上る」、というように細かくナビされます。 成功することでストーリーが進行。 多彩なアクションで猿になる なかなかアクションが豊富です。これは楽しい・・・ 壁を登る ぶら下がる オブジェクトを掴んだ際、自動で正面に位置するよう自動補正されます。 視点のぶれ・揺れが抑えられ、VR酔いが心配な方も安心? ガンシューティング 脱出を妨げる人間たち。時には銃撃戦が繰り広げられます。 アクションも多彩で、銃も数種類存在。 VRですので、もちろん自分の動作とリンクしています。 気分は猿というよりむしろゴルゴ。 ハチの巣にしてやりましょう? 魅力 ガンシューティングに夢中になる 意外、と言ったら失礼ですが、なかなか本格的なつくりになっています。 背中に銃を背負っている設定。 複数所持している場合、肩の辺りでトリガーを引くと別の銃に切り替わります。 「身を潜めつつ、素早く銃を替えて相手に弾をぶち込む」 こういったプレイも、まるで自分自身が実際に行っているよう。 VRっていいもんですね・・・? ストーリー後半は銃撃戦が続きます。「このゲーム、アドベンチャーじゃなくてガンシューティングだっけ・・・?」と思うほど。 一息つく頃には汗をびっしょりかいていることでしょう。それほど夢中になれます! ナビが多くて迷わない 壁を上る際など、「次はここよ!」という感じでハイライトされます。 上のスクリーンショットにも表示されている、青い線ですね。 「次は何をすればいいのかわかんない・・・」 こんな風に迷うことは一切ありません。 思いっきり、アクションとストーリーに集中できました。 VR酔い対策 前述した角度の自動補正に加えて、落下の際に視界が狭まる処理がされます。 高所からの高速落下。 VRだから体験できるシチュエーションですが、ぐっとくる方も多いのではないでしょうか。 この処理によって急速な風景の動きが抑えられ、酔いにくくなります! 親切? ここがちょっと・・・ 自由度が少ない 丁寧なナビを魅力に上げましたが、逆に自由に動き回れず、ちょっと・・・ 「もっと自由な猿ライフを送りたいなあ」 そんな風に少し感じました。 ボリューム 難易度ノーマルでプレイ。 何度かゲームオーバーになったものの、2時間程度でエンディングを迎えました。 未開放の実績・難易度ハードなどやり残したことがまだまだありますが、夢中でプレイしていたら、 「もう終わっちゃったの!?」こんな印象です? とは言え1,000円程度で購入できましたし、お値段以上に楽しめました。 大満足です? 公式動画  基本情報 タイトル    Crisis on the Planet of the Apes ジャンル    VRアクションアドベンチャー 対応機種    HTC Vive, Oculus Rift, PlayStation VR 開発元     Imaginati 販売元     FoxNext VR Studio リリース日   2018年4月3日 価格     …

ホラーゲーム

映画の世界を追体験「The Exorcist: Legion VR」

次々に発生する奇怪な事件、暗躍する悪魔・・・2017年11月22日、VRホラーサスペンス「The Exorcist: Legion VR」がリリースされました。HTC Vive、Oculus Rift に対応しています(2017年12月10日現在)。 1990年公開されたかの有名な映画「エクソシストⅢ」を基にしたシナリオで、第5章までのシリーズを制作予定とのこと。現在1章 First Rites 及び2章 Idle Hands がプレイ可能となっています。エクソシストの世界観をVRで体験できるなんて、すごいですね!「体感する映画」とでも言うべきでしょうか。 本記事では、2章までを一通りプレイしてみての感想や注意点を記載します。興味のある方は是非ご覧になっていってください。 あなたも今日からエクソシスト! 探索を通して真実を追求していきます。時には悪魔と対峙することも・・・ 本作の魅力をかいつまんでご紹介。 不気味で美麗なグラフィックに酔いしれましょう 気味が悪い、だけど思わず見惚れてしまう・・・そんな空間が目の前に広がります。 没入感は抜群で、まさに気分は映画の主役。 びくびくゾクゾクなホラー演出 ボロボロの引き戸。いやーな感じがしますね!中には何があるのでしょうか・・・ 1章からなかなか度肝を抜かれます?映像が綺麗なだけあって、ホラーの衝撃も強烈・・・心してプレイしましょう。 VRならではの直感的かつ心踊る演出 聖水や十字架といった、エクソシストではおなじみのアイテムが登場。時には通り道を確保したり、時には悪魔と対峙したり・・・ 手を振る・振り返るといった自分の動作によって、ゲーム内では様々な演出が発生。話が進行していきます。 英語がわからなくても問題なし! 最初に申し上げておきますが、本タイトルは英語版。会話には字幕すら表示されません。 が、なんとかなります。 前述したように本作は複数の章で構成されており、各章1つずつ場面が描かれています(1章は教会、2章は病院)。 そのため、例えば「Aで知人から話を聞いてフラグを回収し、Bに行ってアイテムを入手。それからCが通行可能になる」といった、英語で指示されたらわけわからんようなことは一切ありません! くまなく周囲を探索し、それっぽいアイテムを使えば進めます? 安い! 各章は税込み520円!しかも今なら1章・2章のセットを936円で購入可能です。安い! まとめ 「エクソシストの世界観を肌で感じることができる」これが本作最大の魅力だと思います。 悪魔の気配を感じつつ、ビクビクしながら探索し物語を進めていく・・・VRだからこそ体験できる感覚でしょう。ありがとうVR? 章ごとのボリュームはお世辞にも大きいとは言えません。ゆっくりプレイしても1時間程度でクリア可能なほど。「短すぎ・・・」「物足りなそう・・・」と思われる方も多いでしょう。 が、実際にプレイしてみるとわかります。ものすごーく、濃密です。プレイし終えて、「あれ、まだ1時間しか経ってないの!?」こう感じるはず。短くとも充足した時間を過ごすことができますよ? 前述したように520円と手頃な価格ですし、是非遊んで頂きたい作品です。 システム要件  推奨 OS           :    Windos7 (64 bit) CPU        :  Intel Core i7 メモリ       :  16 GB RAM グラフィックカード :  NVIDIA GeForce GTX 980 (4 GB) ストレージ(容量) :  5 GB 利用可能 リンク Steam ストアページ

コラム

私がHTC Viveを選んだ理由

昨年2016年はまさにVRフィーバー。Oculas Lift、HTC Vive、Playstation VRなど、各メーカーからVR用HMDが続々とリリースされましたね。 流れに遅れ2017年3月、ついに私もVRマンとなりました。 購入に向けて動き出したのは昨年末。気付けば3ヵ月ほど経過していました。 その間何をしていたのかと言いますと、 「いろいろあるけども、結局どれがいいの・・・?」 ひたすら悩んでいました? 購入する強い意思はあるものの、自分にとってどのHMDがベストなのか、さっぱりわからず。 PCは長いこと触ってきましたが、VRの知識など持ち合わせていません。 「あ~、やっぱりアレにすればよかった!」とか、買ってから後悔したくないですからね。高いですし! あれこれ比較検討した結果「HTC Vive」に決め、VR推奨PCとセット購入しました。 お値段は約300,000円。安月給リーマンの私には痛い出費でしたが、悔いはありませんし満足しています。幸せです? 本記事では、私が「数あるHMDの中からHTC Vive選んだ理由」をお話していきたいと思います。 目を通してくださる皆様にとっての後悔しないHMD選びに、少しでも貢献できれば幸いです。 よくある比較サイトに書いてあること PSVR、Oculus Rift、HTC Viveの比較サイトを覗くと、大体このようなことが記載しています。 性能差やそれぞれの特徴など、数値を上げつつまとめていらっしゃいます。が・・・ 「そんなに違うの?」 という素朴な疑問が。 数字自体は理解できますが、実際どれほどの差を体感できるのか、いまいちわかりません。 3つのHMDを交互に付け替えれば気付く程度なのか?一目でわかるほどなのか? ということで、性能面での選択は諦めました。 「VRで何がしたいのか」考えてみました そうです、エロゲがやりたかったんですよ!某VR のカノジョですね。 我ながらしょうもない動機です? それと、可能であればバイオハザード7をVRプレイしてみたいなあと。 冒頭で言及した、VR界における3種の神器(?)PSVR、Oculus Rift、HTC Vive。 異なるのは性能面だけではありません。扱っているコンテンツが違いますよね。 18禁ゲームをプレイ可能なのはRiftとVive。ここでPSVRはバッサリ除外します。 バイオよりエロゲ 私はこういう選択をしたわけです。こんな大人でいいのか・・・まあいいですよね、男ですから icon-leaf  バイオハザード7のVRモードは「1年間はPSVRのみ対応」とのことです。2018年以降PC対応もあり得るようで。 こんなことを妄想しました。実際どうなるかわかりませんが・・・ Riftか?Viveか? 両者で異なる最大のポイントは「ルームスケール」への対応でしょう。 デモなどでよく見かける、空間を動き回って遊ぶことができるアレですね。 なんとなく、HTC Viveの方がどっぷりとVRの世界を楽しめそう・・・ 2.0 m × 1.5 mのプレイエリアを確保できれば、とりあえず ルームスケールでVRプレイが可能となります(最大は5.0 m × 5.0 m )。 6畳半のマイルームでもなんとかなりそうです。 安心感・お得感のあるVive この点が最後の決め手となりました。ケチな性分ですから? Oculus Riftは日本国内に正規代理店が存在しません。 不安が募ります・・・ 一方Viveは、ドスパラ・パソコン工房といった大手ショップが正規代理店となっています。 ドスパラ パソコン工房 各サイトにザっと目を通すだけでも、 多くのViveに関する情報を入手することができます。 HMDが高価なこともあり、やはり疑問や不安に答えてくれる点に大きな魅力を感じました。 そしてセット割とプロモーション。 「ええ!?お得すぎでしょ、それじゃあ今買う!」 完全に釣り上げられました・・・ 実際お得だったと思っていますし、もともとPC+VR用HMDのセット購入を予定していたので、全く不満や後悔はありません? まとめ このように「エロゲ・安心感・お買い得感」でHTC Viveを選んだ私です。 VR用HMDの選択について、もっと理論的な記事にする予定だったのですが・・・ 正直に書いていたらこうなりました? 2017年5月現在、VRは対応ゲームが少なくまだまだ未成熟な分野だと思います。 「VR体験」がメインであり、1つのゲームとしてガッツリ遊べるものは更に少ない。こんな印象があります。 私自身、Viveを手にしてから購入したVR用ゲームはたったの2タイトル。 「VRカノジョ」と「ハニーセレクト」どちらもエロゲです!(ミリオンアーサーVRは無料で入手) それでも、何度も言いますが後悔はしていません。それだけスゴイんです、VR! 今後はクーロンズゲートやグランブルーファンタジーなど、個人的に興味をそそられるタイトルが続々とリリースされます。 どちらもPSVR用タイトルなんですが・・・まあ今は考えないことにしましょう? VR元年と称される2016年。2017年はVRにとって、一体どんな年になるのでしょうか?

おススメタイトル

ついにこの日が・・・「乖離性ミリオンアーサーVR」凄かったです

「乖離性ミリオンアーサーVR」が5月25日、ついにリリースされました。 いや~、やっとプレイできますね!よだれを垂らして待ち焦がれていた方もたくさんいらっしゃるでしょう。 VRとして生まれ変わったミリアサ。システム面やバトルなど、スマホ版との違いを中心にお話ししたいと思います。 また、短いムービーも用意しておりますので、興味のある方はぜひご覧になってください。 記事の後半には、実際のプレイ時におけるPCへの負荷具合も掲載しています。 購入を検討されている方の参考になれば幸いです。 乖離性ミリオンアーサーとは? 2014年より、スマートフォン向けRPGアプリとして配信が開始されました。 2016年にはPC版が、さらに別運営のタイトルとしてPS Vita・PS4版がスタート。 1,500万ダウンロード超えてますし知名度はモリモリですし、今更ですので説明はこれだけにしておきます? VRのバトルはやっぱりスゴイ! コスト制、チェイン、弱点など、乖離性ミリオンアーサーを踏襲したバトルシステムです。 画像では伝わりにくいかもしれませんが・・・とにかくスゴイです!本当にその場にいる感覚。 敵はデカいし、目の前まで火が迫ってきます。ビクッとしますね? 「うおっ!」「はー・・・」 思わず一人でボソボソ喋ってしまうほどです。カーテンも閉めていたし、誰からも見られていないはず・・・ 2つのモード ストーリーモード、及びバトルモードがプレイ可能です。 バトルモードでは、ストーリーで撃破したボスを選択できるようになります。 マルチ要素は存在しない模様。難易度は、中級~超弩級までは今のところ確認できました。 自アーサー以外はセミオート バトル前、バトル中問わず変更できない模様です。 私はまだファイアドラゴンと戯れる程度にしか進めていませんが、ファルサリアとか大丈夫なんでしょうか・・・ 待ち時間に因子を回収 敵を攻撃時にポロリと落ちる「因子」。ガチャの代わりとなる要素、と言えるでしょう。 100個集めるごとに戦闘終了後の獲得カードが1枚増える仕様で、自動的に回収されるもの・手動でしか回収できないものがある模様。 せっせと回収しましょう、放置していると消滅します! 騎士カード レアリティはMRまで確認。また☆の色が統一されており、ガチャ限定や聖杯祭限定といった概念は存在しないようです。   進化や育成はありません。本家ミリアサにおいて「UR→MR」という進化を辿るカードについては、進化後のMRの状態で排出されます。 また、同一の騎士カードを獲得することでステータスボーナスが加算されます CPUとメモリの使用率 いろいろな場面で計測してみましたが、やはりバトル時に使用率が最大になりました、     参考として、私のPC 環境を記載しておきます。 CPU     Intel Core i7-7700 メモリ    16 GB RAM グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1070 ( 8 GB VRAM ) ピーク時でもまだまだ余裕があります。プレイの最中、ラグ・カクつきの類を感じることはほぼありませんでした。 3月に購入したばかりですが、奮発して購入した甲斐があったものです? 総評 VRによってバトルの臨場感、アーサーたちの魅力をしっかり感じることができる作品です。 ビジュアル面では非の打ちどころがないと思います。 一方、バトルや育成などにおいて、スマホでミリオンアーサーに触れてきた方からすると「あれっ?物足りない・・・」と感じるかと思います。 やりこみ要素が少なく、マルチプレイに至っては未実装。割り切って、別のゲームと捉えるべきでしょう。 「ミリオンアーサーの世界観をVRで体験できる」この点にはそれだけで十分すぎるほど大きな魅力があります。 最初は正直「あーやっちまったなこりゃ?」と思いましたけど!ちゃんとやってみると面白い作品です。 リリースして間もない、今現在の個人的な評価となりますので、その点はご了承くださいませ。 今後アプデとかあるんでしょうか。なんかあったらいいのになあ・・・ 現状HTC Viveにのみ対応 これが非常にネックですよね・・・ 私の場合、 Viveがとにかく欲しかった PCの交換も検討する時期だった というように2つの理由が重なり、思い切ってセットで購入することにしたのですが。 決して安い買い物ではありません。が、私は後悔してませんよ。幸せです? 私が今までにPCを購入したるメーカーを2つ掲載しておきます。 「VR用のPCは高くて手が出せない・・・」 こんな方にも意外とお得な商品・情報があったりします。参考になさってくださいませ。 ドスパラ パソコン工房【公式通販サイト】 基本情報 タイトル   :乖離性ミリオンアーサーVR ジャンル   :RPG 対応機種   :HTC Vive 販売元    :SQUARE ENIX リリース日  :2017年5月25日 価格     :3,980 円(税込み) 動作環境 OS        :Windows 7 、Windows 8.1 、Windows 10 (64bit) プロセッサー  : CPU: Intel i5-4590 (3.30 GHz) 以上 メモリー        …