Ginkgo

introduction-of-ginkgo00_Rホラーゲーム

本格和風ホラー「Ginkgo」無料デモ版がリリース中

美麗なグラフィックと、和風な世界観。 そして針と糸を使った斬新なギミック・アクション。 そんな面白要素が詰まった和風ホラーゲーム「Gingo(銀杏)」。   本作はUSC(南カリフォルニア大学)のゲームデザインプログラム、「USC Games」より生み出されたタイトル。 そのデモ版が、2020年5月12日にリリースされました。 その映像美とユニークなゲームシステムから、世界中で話題を集めています。   本記事では、そんな「Gingo」についてご紹介。 基本システムやおすすめポイント、今後の展開などについてお話していきます。   興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。 ストーリー 本作の主人公は「あやか」。 裁縫を生業とする母のもと、母子家庭で育つ。   母の意向で幼いころから親元を離れ、寮生活を送るあやか。 自然と親子関係は疎遠になり、卒業後も別々の暮らしを送っていた。   そんな彼女に、「母親が亡くなった」との一報が入る。   葬儀会場に向かうも、式はすでに終了していた。 誰もいない場所で一人っきり、あやかは亡き母と対面する。   ふと、遺影の前に置かれた「縫い針」に気付くあやか。 この針は、母が長い時間ともに過ごした道具。 何気なく手に取ってみると・・・   突然、母と思わしき後ろ姿が目に入る。 彼女を導くように、先へ先へと進む影。 その先に、一体何が待ち受けているのか。   英文を翻訳しており、一部内容に誤りがある場合がございます。 予めご了承ください。 基本システム 移動 前後左右の移動、およびしゃがむ・ダッシュが可能。 現時点(2020年5月29日)ではスタミナの概念がなく、無限に走り続けられます。 針・糸を使ったアクション なんといってもこれが注目ポイント。 謎解き要素のほか、敵への対処方として盛り込まれています。   デモ版で可能なアクションについて、代表的なものをご紹介。   ・裁断 布地を裁つことで、隠された通路・部屋を発見可能。   ・縫合 ほどけた布を縫い合わせることで、その上を進行可能になります。   ・糸で結ぶ 本作で最も使用機会が多いアクション。   特定の物を糸でつなぐことで、様々な効果が表れます。 また糸を結び通路を塞ぐことで、後述する「敵」の移動を阻害可能。 敵 デモ版では、1種類の敵が出現 主人公を全速力で追いかけてきます。 禍々しいですね・・・いやー最高 (^^)   先述したように、進路を糸で塞ぐことで邪魔できます。 撃退手段は今のところなし。 なるべく時間を稼ぎ、距離を取りましょう。   また、続けざまに2発攻撃を受けるとGAME OVER。 「Ginkgo」のおすすめポイント アクションの斬新さ・楽しさについては言うまでもありません。   それと同じくらいに魅力的なのが、ストーリー。 「娘に対する母親の愛情と苦悩」 特にこの点が印象的。 探索中に発見する、母親が遺した日記やメモ。 これらを通じて、謎に包まれた母親の心情を知ることができます。   ホラー要素や、針と糸のギミックに注目しがちですが・・・ けっこういい話なんですよ、このゲーム (^^) 英語ポンコツの私でも、カメラ翻訳を駆使すればざっくりと理解できる程度。   「これ、海外の学生が作ったの?いやーすげえなあ・・・」 きっと、こう感じることでしょう。 現在の状況と今後の展開 2020年5月12日、「itch.io」よりデモ版がリリース。 更新頻度が高く、バグ修正などや最適化など積極的に行っています。   現時点では、英語のみ対応。 しかし「itch.io」製品ページにて、日本語を含む多言語への対応について言及しています。 期待して待ちましょう。 リンク ・デモ版の入手はこちらから(itch.io) https://ginkgogame.itch.io/ginkgo ・「Ginkgo」公式サイト https://www.playginkgo.com/   =>『ホラー』記事一覧 =>『トップページ』に戻る