[完全図解] Steamのスクリーンショット ②保存先を変更する方法

screenshot02-00_R

Steamのスクリーンショット機能について解説していきます。

今回のテーマは「保存先の変更方法」。

 

スクリーンショットの容量は、1枚1枚は微々たるもの。

とは言え、SSDはできる限り空けておきたい・・・

そんな時には、スクリーンショットの保存先を変更しましょう。

 

とにかくわかりやすいよう、図をふんだんに使用。

Steamを始めたばかりの方でも、一目でわかるような中身になっております (^^)

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



スクリーンショットの保存先を変更する方法

デフォルトの保存場所

“C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\[USER_ID]\760\remote”

このremoteフォルダの中に、各タイトルのフォルダが作成。 

screenshot02-01_R

その下に、スクリーンショットが保存されています。

 

screenshot02-02_R

スクリーンショット撮影時には、Steam表示用のサムネイルが自動生成。

thumbnailフォルダ内に保存されます。

 

保存場所の中に含まれる[USER_ID]は、後の段階で使用します。

数字を控えるか、ショートカットを作成しておきましょう。

スムーズに変更手順が進みますよ (^^)

 

変更する手順

最初に申し上げておきます。

Steam内の設定では、保存場所の変更ができません!

 

・・・は?どういうこと?

 

ですがご安心を。

ここでご紹介するのは、シンボリックリンクという機能を利用する方法。

 

デフォルトの保存場所と、新たな保存場所にリンクを構築

screenshot02-12_R

これによりSteamの設定を変えることなく、ファイルは別の場所に保存できるようになります。

 

百聞は一見に如かず、早速やってみましょう!

 

手順は以下の通り。

 

① 新しい保存フォルダを作成

② 撮影済みスクリーンショットの移動

③ remoteフォルダの削除

④ コマンドプロンプトで新フォルダを保存場所に設定

 

フォルダの削除やコマンドプロンプトなど、抵抗を覚える方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ほぼコピペでOK。簡単ですよ (^^)

 

 ① 新フォルダを作成

まず、新たな保存先となるフォルダを作成します。

screenshot02-03_R

本記事ではEドライブ(HDD)内にsteamssという名前のフォルダを作成。

もちろんですが、フォルダ名は自由に決めてOKです。

 

続きまして、このsteamssフォルダに撮影済みスクリーンショットを移動します。

 

 ② 撮影済みスクリーンショットの移動

先述した、デフォルトの保存先を開きましょう。

“C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\[USER_ID]\760\remote”

screenshot02-04_R

ここで、Remoteフォルダの中身ををすべて切り取り。

 

新フォルダに貼り付けます。

screenshot02-05_R 

 

 ③remoteフォルダの削除

先ほど中身を移動したremoteフォルダ。

これの1つ前にあたる、760フォルダを開きましょう。

screenshot02-06_R

ここでremoteフォルダを選択。削除します。

 

次からは、コマンドプロンプトを使用。

保存場所を設定する手順になります。

 

 ④コマンドプロンプトで新フォルダを保存場所に設定

まずはコマンドプロンプトを起動しましょう。

 

Windowsボタンを押し、スタートメニューを表示。

続けて「cm」と入力します。

screenshot02-07_R

ここで「管理者として実行」をクリック。

 

これでコマンドプロンプトが起動します。

screenshot02-09_R

System32>の次から、以下の通り入力しましょう。

 

mklink /D “C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\[USER_ID]\760\remote” “E:\steamss”

 

ここで注意するのは、[USER_ID]および“E:\steamss”の部分。

これらについては、ご自身の内容に置き換える必要があります。

 

 ・[USER_ID]

ここで、デフォルトの保存先を思い出しましょう。

「userdata」と「760」の間に、数字のフォルダがありましたね。

この数字が[USER_ID]です

screenshot02-11_R

仮に「12345678」というフォルダ名だったら、そのまま「12345678」と入力しましょう。

[] は不要です。

 

 ・”E:\steamss”

保存先として設定する場所を入力します。

 

例えば、「Dドライブのsteamフォルダ」の中にある「ssフォルダ」の場合。

“D:\steam\ss” 

このように入力すればOKです。

 

 

上記2箇所を正しく入力したら、Enterを押しましょう。

screenshot02-10-1_R

ここで、「~シンポリックリンクが作成されました」と表示されれば成功です。

お疲れ様でした (^^)

 

 

「保存先を変更する方法」についての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>『スクリーンショット』記事一覧

=>『トップページ』に戻る