[完全図解] Steamのスクリーンショット ①撮り方など基本機能について

screenshot01-00_R

Steamプレイ時に使うことが多い、スクリーンショット。

この機能について解説していきます。

 

今回はスクリーンショットの撮り方や確認方法といった、基本機能について。

 

とにかくわかりやすいよう、図をふんだんに使用。

Steamを始めたばかりの方でも、一目でわかるような中身になっております (^^)

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



スクリーンショットの撮り方

デフォルトでは「F12」キーでスクリーンショット撮影。

screenshot01-01_R

ゲームプレイ中、撮影したい場面でF12を押します。

これでOKです。

 

撮影に成功すると、画面右下に通知が表示。

screenshot01-02_R

「あれ、さっきのちゃんと撮れてたかな・・・」

通知を見ていれば、こんなうっかりも防げますよ (^^)

 

次に、撮影したスクリーンショットを確認してみましょう。

撮影したスクリーンショットの確認方法

以下の手段で確認可能。

 

・Steamオーバーレイ

・ライブラリ

・トップページから

 

それぞれの詳細についてお話していきます。

Steamオーバーレイ

ゲームプレイ中に「Shift+Tab」を同時押し。

Steamオーバーレイを表示させます。

screenshot01-03_R

画面左下にスクリーンショットの項目がありますね。

ここで「スクリーンショットを表示」をクリックします。

 

すると、スクリーンショットアップローダが表示。

screenshot01-04_R

ここに、たった今撮影したスクリーンショットが表示されます。

 

画面上部に「表示」リストがあります。

ここを「現在のセッション」から変更することで、以前撮影したスクショも閲覧可能に。

 

ライブラリから

Steamクライアントを起動。

screenshot01-10_R

ライブラリを開きます。

 

左側の一覧からゲームを選択。

screenshot01-08_R

すると、ゲーム毎に撮影済みスクリーンショットを確認できます。

ここで「~個のスクリーンショットを管理」をクリック。

 

スクリーンショットアップローダが表示。

ss01-01_R

一枚ずつ画像を閲覧できます。

 

トップページから

Steamクライアントを起動。トップページを開きます。

ss01-02_R

上部の表示をクリック。

展開されるリストの中から、スクリーンショットを選択します。

 

すると、先ほど同様スクリーンショットアップローダが表示。

ss01-03_R

表示のリストから、スクリーンショットを確認するゲームを選択。

 

ss01-01_R

これでゲームごとに画像が表示されます。

 

続きまして、不要なスクリーンショットの消し方をご説明。

削除方法

まずはスクリーンショットアップローダを開きましょう。

先ほどご紹介した3種類の開き方、どの方法でも構いません。

 

撮影済みのスクリーンショットが表示されます。

screenshot01-09_R

ここで消したい画像を選択しましょう。

全選択や複数選択も可能です

 

選んだら削除をクリック。

これでOKです。


プロフィールにもスクリーンショットがあるけど・・・

ご自身のプロフィール画面を開いてみましょう

screenshot01-06_R

画面右側に、スクリーンショットの項目があります。

 

これをクリックすると・・・

screenshot01-07_R

スクリーンショットが表示されます。

 

あれ?もっといっぱい撮ったはずなんだけど・・・

 

初めてこの画面を開いた方は、戸惑ってしまうかもしれませんね。

 

ご安心を。

ここに表示されるのは、Steamにアップロード済みのスクショ

アップロードすることで、他のユーザーが閲覧できるようになります。

 

そのため何10枚何100枚と撮影したとしても、アップロードしなければここは非表示に。

 

 

スクリーンショットの基本機能に関する解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>『スクリーンショット』記事一覧

=>『トップページ』に戻る