[やさしく図解] PS4コントローラーは「すべてのPCゲーム」で使えます。

ps4controller-steam00_R

使い慣れたPS4コントローラー。これを使い、お気に入りのPCゲームをプレイしようとしたものの・・・

「動かなかった」「対応してなかった」

こんな経験ありませんか?

 

実際のところ、PCゲーム側が「PS4コントローラーに非対応」というケースは珍しくありません。

特に海外ゲームやインディーゲームにおいては、しばしば。

 

しかしご安心を。

Steamのコントローラー設定は、他のPCゲームに対しても適用可能。

そうすることで、「どんなPCゲームでも」PS4コントローラーで遊べるようになります。

 

本記事では、具体的な設定方法を解説。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



PS4コントローラーは「すべてのPCゲーム」で使えます

なぜ使えるようになるの?

Steamにおいて、PS4コントローラーは正式サポート対象。

ゲーム毎に設定が必要な場合もありますが、すべてのSteamゲームで利用することができます。

 

さらにこれは、他プラットフォームのゲームやアプリケーションにおいても同様。

Steamの設定を利用することで、PS4コントローラーで操作できます。

 

ここからは非Steamゲームに対して、「Steamのコントローラー設定を適用させる」方法を解説していきます。

手順に入る前に・・・

手順説明に入る前に、設定するPCゲームに関して確認していただきたい点がございます。

それは、「ゲームの実行ファイル(.exe)が存在するか、否か」という点。

 

・存在する場合

・存在しない場合

 

この条件しだいで、設定方法が異なります。

必ずチェックしましょう。

 

プラットフォームによって操作は異なりますが、ランチャー経由でゲームフォルダを直接開くことが可能。

ps4controller-steam01_R

そこから目視、あるいは検索で探しましょう。

ゲームの実行ファイル(.exe)がある場合

Steamライブラリに登録

まずはSteamクライアントを起動

画面左下の「+」をクリック。

展開されるリストの中から、「非Steamゲームを追加」を選択します。

 

「ゲームの追加」ウィンドウが表示。

ps4controller-steam03_R

ここで目的のPCゲームを選択。Steamライブラリへの登録が完了します。

 

見当たらない場合は「参照」をクリック。

ps4controller-steam04_R

ファイルを探して選択、開くをクリックします。

 

 

ps4controller-steam05_R

これでOKです。

 

ライブラリに追加しても、今まで通りの方法でゲームを起動してしまうとSteamの設定が適用されません。

必ず、Steam経由で開くようにしましょう。

デスクトップにショートカットを作っておくと便利です。

 

ps4controller-steam06_R

コントローラー設定

設定を行う前に、PS4コントローラーを接続しておきましょう。

 

また、初めてPCにコントローラーを接続する場合、初期設定が必要になります。

ワイヤレス接続時は「ペアリング」、および「PS4サポート」の有効化が。

有線の場合は「PS4サポート」の有効化を行います。

 

くわしい方法については、こちらの記事をご覧くださいませ。

PS4コントローラーでSteamはプレイできます!接続・設定方法をご紹介

 

 ① 設定画面を開く

先ほど同様、Steamクライアントを開きましょう。

ps4controller-steam07-1_R

画面右上のアイコンを選択、Big Pictureモードを起動します。

 

Big Pictureモードのトップ画面が表示。

ps4controller-steam08_R

トップ画面あるいはライブラリから、設定を行うゲームを選択します。

 

選択したゲームの詳細が表示されます。

ps4controller-steam09_R

画面左側の「ショートカットを管理」を選択。

コントローラー設定を選択します。

 

ps4controller-steam10_R

これで設定画面が開けました。

 

 ② キーを割当てる

ここでは、和風ホラー「Ginkgo」の設定例をご紹介します。

ゲーム内の操作方法は以下の通り。

 

・移動 ・・・・・・・・・・・・ WASD

・ダッシュ ・・・・・・・・・・ Shift + WASD

・しゃがむ ・・・・・・・・・・ 左 Ctrl

・インタラクト ・・・・・・・・ E

・針を構える ・・・・・・・・・ 右クリック

・針やハサミのアクション ・・・ 左クリック

・システムメニュー ・・・・・・ Esc

 

上記のキーを、PS4コントローラーに割り当てていきます。

 

まずは移動に対応するWASD。これを「左スティック」に設定します。

先ほど開いたコントローラー設定画面をご覧ください。

左スティックのエリアを選択。

 

設定画面に移動します。

ps4controller-steam12_R

ここで入力スタイルを選択。

展開されるリストの中から、「十字キー」を選択します。

 

中央に十字キーが表示。

ps4controller-steam13_R

まずは「上キー」に対し、Wを割当てていきましょう。

カーソルを移動し、選択します。

 

キー割当て画面へ移動。

ps4controller-steam14_R

ここでWを選択し、前の画面に戻ります。

 

改めて、先ほどの十字キーをご覧ください。

ps4controller-steam15_R

「上キー」にWが表示されていますね。

これで1つ完成です (^^)

 

同様に、ASDを割当てていきましょう。

ps4controller-steam16_R

上記画像のように、4方向それぞれにWASDが表示されればOKです。

前の画面に戻り、他のキーも設定していきましょう。

 

設定完了後は、下記画像の通り表示されます。

ps4controller-steam17_R

 

「ダッシュ」は左スティックの端(アウターリング)に設定。

スティックを軽く倒すと「歩く」、しっかり倒すと「ダッシュ」。このような挙動になります。

 

また「マウス感度」は、ゲームのカメラ動作に合わせて調整。

全体的な感度、および垂直方向の感度を下げています。

これにより過度な視点移動を抑えることができ、酔い防止に繋がります。

 

・ ダッシュ(左スティック)の設定

ps4controller-steam18_R

 

・ マウス感度(右スティック)の設定

ps4controller-steam19_R
ps4controller-steam20_R



 ゲームの実行ファイル(.exe)がない場合

ここまでお話してきたのは、ゲームの実行ファイルが存在する場合。

 

Steam以外のPCゲームであっても、Steamライブラリに登録可能。

登録することで、PS4コントローラー非対応なゲームでも正常に動作するようになる。

こんな方法です。

 

一方、実行ファイルそのものが存在しない場合。

Steamライブラリに登録する手段がありません。

 

は?登録できないんならダメじゃん

 

しかしご安心を。

Steamでコントローラー設定ができるのは、ゲームプレイ時だけではありません。

 

「デスクトップ設定」を利用すれば、ゲーム以外の操作についても細かく設定可能。

ps4controller-steam30_R

ライブラリに登録できないゲームに対しても適用できます。

 

ん?それならライブラリに登録する意味ってあるの?

 

ライブラリに登録したゲームの場合、個々にコントローラー設定が可能。

プレイする際は、その設定が自動的に適用されます。

 

一方ここでご説明する「デスクトップ設定」は、その名の通りデスクトップ操作用の設定。

ゲーム個々のコントローラー設定が不可能です。

ps4controller-steam29_R

そのためプレイするゲームが変わるたび、設定を丸ごと変更しなければなりません。

 

そういった点から「デスクトップ設定」は、あくまで予備的なものと捉えてください。

実行ファイルが存在しライブラリに登録できるのであれば、そちらの方が使い勝手が優れます。

 

前置きが長くなってしまいましたが・・・

本題の設定方法について、ご説明させていただきます。

 

まずはBig Pictureモードを起動。

ps4controller-steam21_R

歯車アイコンを選択します。

 

各種設定画面が表示。

ps4controller-steam22_R

コントローラカテゴリの「基本設定」を選択。

 

すると、3種類のコントローラ設定が表示されます。

ps4controller-steam23_R

ここで、上段の「デスクトップ設定」を選択。

 

これで設定画面にアクセスできました。

ps4controller-steam24_R

まずはデフォルト状態のキー割当てを、ざっくりと見てみましょう。

スペースやRETURN(ENTER)、左 Ctrlなど、デスクトップ操作に必要なキーが割当てられていますね。

 

これを先ほど同様、ゲームプレイに適したキーに変更していきます。

ps4controller-steam26_R

これで完了です。

 

繰り返しになりますが、ここで可能なのは「1種類」の設定だけ。

 

・通常のデスクトップ用

・他のゲーム用

 

上記のような別の用途で使用する場合、設定を丸ごと変更する必要が。

そのため一旦変更した設定は、保存しておくことをおススメします。

ps4controller-steam28_R

こうすることで、複数のゲームをプレイしていても大丈夫。

すぐに設定を変更し、PS4コントローラーで遊ぶことができます。

 

Steamが起動してない状態だと、デスクトップ設定は適用されません。

PCを起動したら、一度はSteamを開いておきましょう。

画面を閉じたとしても、バックグラウンドで起動していればOKです。

 

 

「PCゲーム全般におけるPS4コントローラーの設定」についての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

=>はじめてでも簡単!コントローラーの設定方法一覧(PS4・Xbox他)

=>『トップページ』に戻る