[Steam] PS4コントローラーの感度調整マニュアル

ps4controller-sensitivity00_R

FPSならエイムの精確さに、アドベンチャーならプレイの快適さに。

視点移動の「感度」はゲームジャンルを問わず、重要な意味を持ちます。

 

Steamでは、PS4コントローラーの設定が可能。

通常のゲーム内オプションに比べ、よりきめ細かな感度調整が行えます。

 

自分の感覚に合った、ベストな感度に設定。

そうすればより一層、PS4コントローラーでのプレイが楽しくなりますよ!

 

本記事では、Steamにおける「PS4コントローラーの感度設定」について解説。

 

 ・ 重要な設定項目

 ・ 設定前、設定後での具体的な変化

 

上記の点をくわしくご説明させていただきます。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



感度設定の前にやっておくこと

初期設定

設定を行う前に、コントローラに関する「初期設定」を済ませておきましょう。

必要となる設定は、接続方法により異なります。

 

・ 無線(ワイヤレス)接続の場合

「ペアリング」および「PS4コントローラー設定」の有効化

 

・ 有線接続の場合

「PS4コントローラー設定」の有効化

 

どちらもごく短時間で完了する、簡単な設定。

ちゃちゃっと済ませてしまいましょう (^^)

 

設定の詳細については、こちらの記事をご覧くださいませ。

PS4コントローラーでSteamはプレイできます!接続・設定方法をご紹介

 

また、PS4コントローラーが繋がれていなければ設定はできません。

取り掛かる前に、PCに接続しておきましょう。

コントローラー設定画面を開く

まずはSteamクライアントを起動。

ps4controller-sensitivity01_R

右上のアイコンを選択します。

 

すると、Big Pictureモードのトップ画面が表示。

ps4controller-sensitivity02_R

ここで、設定を行いたいゲームを選択しましょう。

トップ画面に見当たらない場合、ライブラリから選択できます。

 

選択すると、ゲームの詳細が表示。

ps4controller-sensitivity03_R

画面左側、「ゲームを管理」カテゴリを選択。

続けて上段の「コントローラ設定」を選択します。

 

これでコントローラーの設定画面が開けました。

ps4controller-sensitivity04_R

これより、具体的な感度調整方法についてご説明いたします。

PS4コントローラーの感度調整マニュアル

視点(カメラ)の操作は、通常右スティックに割当てられていますね。

まずは右スティックの設定画面を開きましょう・

 

先ほど開いた、コントローラー設定画面をご覧ください。

ps4controller-sensitivity05_R

ここで右スティックのエリアを選択。

 

これで設定画面が開けました。

ps4controller-sensitivity06_R

ご覧の通り、様々な設定項目が存在します。

 

本記事では、感度調整において特に重要となる項目を厳選。

 

・ 入力スタイル

・ マウス感度

・ スティック感度カーブ

・ 垂直感度

 

上記4項目について、順番にご説明いたします。

入力スタイル

スティックの動きを、どのデバイスからの入力として扱うか。

そんな設定になります。

 

???なんのことやらさっぱり・・・

 

詳細は後述させていただきます。ひとまず、深く考えなくてOKです (^^)

 

この項目を変更する必要があるのは、以下のような場合。

 

・ 視点移動の動作がおかしい

・ そもそも、右スティックが反応しない

 

こういった状況に限り、設定をいじります。

 

 ・ PS4コントローラーが反応しないのはなぜ?

デフォルトの入力スタイルは、「ジョイスティック移動」に設定。

ps4controller-sensitivity07_R

これは単純に「ジョイスティックとして扱う」ということを意味しています。

日本では「アナログスティック」の方が一般的ですね。

 

ここで「コントローラーでのプレイを想定していない」ゲームの場合。

 

スティックの動きに対して、ゲーム側では何の機能も割当ていません。

そのため、「どのようにスティックを動かしても一切動作しない」という結果になります。

 

フルコントローラーサポート対象外のタイトルにおいて、よくある現象です。

 

 ・ どうすれば動くようになる?

キーボード&マウスでゲームをプレイする場合、視点(カメラ)は「マウス」で操作しますよね。

 

ここで入力スタイルを変更し、スティックの動きが「マウスの動きに対応」するよう設定。

そうすることで、右スティックでの視点移動が可能になります。

 

先述したように、入力スタイルのデフォルト設定は「ジョイスティック移動」。

ps4controller-sensitivity16_R

これを、「ジョイスティックマウス」に変更します。

 

ps4controller-sensitivity08_R

これにより、スティックの動きが「マウス・カーソル」に変換。

視点操作が可能になります。

 

続きまして、「マウス感度」についてご説明いたします。

マウス感度

入力スタイルを「ジョイスティックマウス」に変更することで、項目が表示。

ps4controller-sensitivity09_R

スライダーを動かし、マウス感度の高低を調整します。

 

ゲームのオプションで感度を変えれることもあるけど・・・意味は違うの?

 

いえ、同じです。

そのため「ゲーム内オプション」と「Steamの設定」、好きな方で設定していただいて構いません。

 

ですが個人的には、Steamの設定がおススメです。

 

ゲームプレイ中に「PSボタン」を押すだけ。

ps4controller-sensitivity10_R

即座に設定画面へアクセス可能。微調整も楽々です。

 

ゲーム側で調整する場合、「オプションを開いて、いじって、閉じて、テストして、気に入らなかったらまたオプションを開いて・・・」

このように、面倒な場合が多々あります。

 

そういった点から、「Steam設定の方が使い勝手が良い」といえるでしょう。

 

続きまして、「スティック感度カーブ」についてご説明いたします。



スティック感度カーブ

先ほどの設定画面をご覧ください

ps4controller-sensitivity11_R

右下の「追加設定」を選択します。

 

左上に表示されるのが、「スティック感度カーブ」です。

ps4controller-sensitivity12_R

ここを調整することで、「スティックの動きに対する出力の大きさ」に変化を付けることができます。

 

・・・?なに言ってんだこいつ

 

ここで、ホラーアドベンチャーをプレイしている状況を想像してみてください。

ゲーム内の場面に応じて、適切な感度は変わってきますよね。

 

・ 周囲を探索する時

・ 急に現れた敵に対応する時

 

こんな場面が想定されます。

 

仮に、先ほどご説明したマウス感度を低くした場合。

周囲の探索は楽ですが、「辺りを見回す・振り向く」といった動作もゆっくり。

突如出現したクリーチャーに対応することはできません。

 

一方、マウス感度を高くした場合。

素早い視点移動ができ、不測の事態にも素早く対応可能。

しかし細かい視点操作が困難に。

「引き出しや棚を調べる」といった行為がしずらくなります。

 

こんな時に役立つのが「スティック感度カーブ」。

感度に高低(カーブ)を持たせることで、状況に合わせた視点操作が可能になります。

 

本記事では、特に使用場面が多い「リニア」、および「エクストラワイド」についてご説明。

 

・ リニア

スティックの動きに対して、感度の出力が一定になります。

感度に波がなく、完全に「自らの力で視点を操作する」という設定。

 

FPSやTPSなど、精密な視点移動を求める場合におススメです。

 

・ エクストラワイド

スティックの動きが小さい時は低感度、逆に大きく倒した時は高感度に。

より、メリハリのある視点操作が可能になります。

 

こちらについては、アドベンチャーゲームにおいて特に役立つ設定。

 

周囲をくまなく探索する時は、感度が低く細かな動作が可能に。

大きく見回す・振り向くといった動作は、感度が高く素早く実行できます。

 

ここまでが「スティック感度カーブ」の説明になります。

 

続きまして、「垂直感度」について解説。

これが本記事でご紹介させていただく、最後の設定項目になります。

垂直感度

改めて設定画面を見てみましょう。

ps4controller-sensitivity13_R

画面中央、下段に「垂直感度」の項目が見えますね。

スライダーを調節することで、「水平方向に対する垂直方向の感度」を変更することができます。

 

百聞は一見に如かず。

まずは下記画像をご覧ください

ps4controller-sensitivity14_R

とあるゲーム内の、とある場面。

ここでマウス感度は変えず、「垂直感度のみ」変化させます。

 

視点を動かし、その違いを見てみましょう。

ps4controller-sensitivity15_R

垂直感度が最大(デフォルト)の状態に比べ、低くした方が視点移動が小さくなっていますよね。

 

基本的に視点移動で大事なのは、横の動き。

FPSにしろアクションにしろ、横より縦に視点を動かすゲームは少ないでしょう。

 

そのため横(水平方向)と縦(垂直方向)のカメラ操作が等しく動作すると、不便に感じることがあります。

意図しない急な縦揺れが原因で、画面酔いすることも・・・

 

垂直感度を調整することで、より思い通りに視点移動ができるようになります。

こちらもPSボタンを使い、微調整とゲーム画面での動作確認を行いましょう。

劇的な変化に、きっと驚かれるはず (^^)

 

 

「PS4コントローラーの感度調整」についての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>はじめてでも簡単!コントローラーの設定方法一覧(PS4・Xbox他)

=>『トップページ』に戻る