[Steam] PS4コントローラーの左スティック設定マニュアル

ps4-legtstick00_R

左右上下への「移動」が割当てられている、PS4コントローラーの左スティック。

本記事ではそんな左スティックについて、Steamでの設定を解説させていただきます。

 

「さっぱり動かない・勝手に動く」といった、移動に関わるトラブル解決方法。

そして、アウターリングの便利な活用方法をメインにご説明。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



左スティック設定の前にやっておくこと

初期設定

設定を行う前に、コントローラに関する「初期設定」を済ませておきましょう。

必要となる設定は、接続方法により異なります。

 

・ 無線(ワイヤレス)接続の場合

「ペアリング」および「PS4コントローラー設定」の有効化

 

・ 有線接続の場合

「PS4コントローラー設定」の有効化

 

どちらもごく短時間で完了する、簡単な設定。

ちゃちゃっと済ませてしまいましょう (^^)

 

設定の詳細については、こちらの記事をご覧くださいませ。

PS4コントローラーでSteamはプレイできます!接続・設定方法をご紹介

 

また、PS4コントローラーが繋がれていなければ設定はできません。

取り掛かる前に、PCに接続しておきましょう。

コントローラー設定画面を開く

まずはSteamクライアントを起動。

ps4controller-sensitivity01_R

右上のアイコンを選択します。

 

すると、Big Pictureモードのトップ画面が表示。

ps4controller-sensitivity02_R

ここで、設定を行いたいゲームを選択しましょう。

トップ画面に見当たらない場合、ライブラリから選択できます。

 

選択すると、ゲームの詳細が表示。

ps4controller-sensitivity03_R

画面左側、「ゲームを管理」カテゴリを選択。

続けて上段の「コントローラ設定」を選択します。

 

これでコントローラーの設定画面が開けました。

ps4controller-sensitivity04_R

これより、具体的な左スティックの設定ついてご説明いたします。

PS4コントローラーの左スティック設定

概要

本記事では例として、Steamホラー「MIST SURVIVAL」向けの設定をご紹介。

 

・ 入力スタイルを「十字キー」に変更、および「WSAD」を割当て

・ クリックアクションに「フラッシュライト(L)」を割当て

・ デッドゾーンの調整

・ アウターリングに「ダッシュ(左Shift)」を割当て

・ アウターリングの範囲を調整

 

上記のように、左スティックの設定をカスタマイズしていきます。

 

まずは左スティックの設定画面を開いていきましょう。

先ほどのコントローラー設定をご覧ください。

ps4-legtstick01_R

ここで、左スティックのエリアを選択。

 

これで左スティックの設定画面へアクセスできました。

ps4-legtstick27_R

 

「MIST SURVIVAL」はコントローラー非対応のゲーム。

デフォルト設定ではスティックを倒そうが叩こうが、ゲーム内ではびくとも動きません。

 

しかし、適切な設定に変更すれば問題なし。

左スティックを使って、正常に移動できるようになります。

 

また本設定は、他のゲームでも応用可能。

「コントローラーが対応していない」

「何もしていないのに、勝手に動く」

こんな場合に有用です。

 

ここまでが、本記事でご紹介する左スティック設定の概要。

これより、具体的な手順をご説明させていただきます。

入力スタイル

まずは先ほどの左スティック設定画面をご覧ください。

ps4-legtstick02_R

画面左上の「入力スタイル」を選択。

 

するとリストが展開されます。

ps4-legtstick03_R

ここで「十字キー」を選択。

 

すると、画面中央の表示が十字キーに変化。

ps4-legtstick04_R

こうすることで、上下左右4方向にキーを割当てることができます。

 

まずは「上」に、前進にあたる「W」を設定していきます。

ps4-legtstick05_R

十字キーの「上」を選択。

 

バインド、およびキーの設定画面へ移動します。

ps4-legtstick06_R

ここではバインドを省略。「W」キーを選択しましょう。

 

すると、自動的に前の画面へ移動。

ps4-legtstick07_R

十字キー上に「W」が表示されています。

これで1つ完了です。

 

同様に、残りの「SAD」も設定していきましょう。

ps4-legtstick08_R

手順後の画面はこのように表示されます。

クリックアクション

「スティックの押し込み」に、キーを割当てることができます。

PS4コントローラーで言うところの、L3・R3にあたりますね。

 

ここではフラッシュライトOn/Off(L)を割当てていきます。

 

極端に使用頻度が高いキーを割当てると、操作感が非常に悪くなります。

ご自身で設定される場合、「時々使う」そんなキーを割当てましょう。

 

まずは左スティックの設定画面をご覧ください。

ps4-legtstick09_R

「クリックアクション」の項目を選択。

 

先ほどの十字キー同様に、バインド、およびキーの設定画面へ移動。

先ほどは省略しましたが、ここではバインドを入力していきます。

ps4-legtstick11_R

「フラッシュライト」と入力。

続けて「L」キーを選択します。

 

キー選択後、前の画面へ移動。

ps4-legtstick12_R

バインドを入力したため、クリックアクションの項目に「フラッシュライト(L)」と表示されます。

こうすることで、後から閲覧した際に「何のキーを割当てたか」一目でわかるように。

 

続きまして、「デッドゾーン」の設定についてご説明させていただきます。



デッドゾーン

「デッドゾーン」とは、操作が無効になる範囲を指します。

ps4-legtstick14_R

この範囲内でスティックを動かしても、ゲーム側に出力されず。

キャラクターは一切動きません。

 

基本的に、この設定を変更する必要はありません。

 

じゃあ、どういうときにいじるの?

 

「スティックに触れていないのに、勝手にキャラクターが動く」

 

稀にではありますが、こんな場合があります。

 

これはスティックの「ごく微妙な傾き」が検知され、ゲーム側に出力されているため。

デッドゾーンを広げることで、問題を解決することが可能です。

 

先ほどの画面をご覧ください。

ps4-legtstick13_R

「デッドゾーン」の項目を選択。

スライダーを右側に動かすことで、デッドゾーンを拡大できます。

 

続きまして、「アウターリング」の設定について解説させていただきます。

アウターリング

アウターリングとは、スティックの端側の部分を指します。

ps4-legtstick18_R

ここには、スティック自体と異なるキーを設定可能。

 

本記事では、アウターリングに「ダッシュ(Shift)」を設定。

 

・ 浅く倒すと徒歩での移動

・ 端までしっかり倒すとダッシュ

 

このように、スティックの倒し具合で移動方法が切り替わるようにします。

 

先ほどの画面をご覧ください。

ps4-legtstick16_R

右下の「追加設定」を選択。

 

画面が切り替わります。

ps4-legtstick17_R

ここで「アウターリングのバインド」を選択。

 

バインド、およびキー設定画面へ移動します。

ps4-legtstick20_R

バインド名は「ダッシュ」と入力。

続けて「左Shift」を選択します。

 

選択後、自動的に前の画面へ移動。

ps4-legtstick21_R

「ダッシュ(左シフト)」と表示されます。

 

続きまして、「アウターリングのバインド範囲」についてご説明させていただきます。

アウターリングのバインド範囲

この範囲を超えた時、アウターリングに設定したキーが反応します。

 

先ほどの画面をご覧ください。

ps4-legtstick22_R

「アウターリングのバインド範囲」を選択。

スライダーを動かし、範囲を調整します。

 

おススメの設定は最大(スライダーを右端)。

ps4-legtstick24_R

十字キーとして機能する範囲が広くなり、スティックを大きく倒した時だけダッシュが反応。

 

「徒歩移動でステルスしたかったのに、誤ってダッシュしちゃった・・・」

こういった、アウターリングの誤動作を防ぐことができます。

ps4-legtstick23_R

 

「PS4コントローラーの左スティック設定解説」は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>はじめてでも簡単!コントローラーの設定方法一覧(PS4・Xbox他)

=>『トップページ』に戻る