Steamのプロフィールを非公開にしたい!設定方法を解説

profile-private-setting00

Steamのプロフィールを見ず知らずの人に見られたくない!

「フレンドリストだけ非公開」など、個別に閲覧制限したい!

こんな不安・悩みを抱える方のために、本記事ではプロフィールの非公開設定について解説していきます。

 

お気に入りのゲームやウィッシュリスト、プレイ時間。それに加えてフレンドの一覧まで・・・

意外と個人情報が詰まっている、Steamのプロフィール。

プライバシーを守るために、公開範囲を設定が可能です。

 

・設定を変えることで、プロフィールの見た目はどう変わるか?

・設定方法は?

 

このような流れでお話させていただきます。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



どんな設定ができる?基本知識をおさらい

まずは公開・非公開設定の基本をおさらいしましょう。

設定方法だけ知りたい!という方は、こちらからスキップしてくださいませ。

設定できる公開範囲

Steamにおいて設定できるプロフィールの公開範囲は、以下の3種類。

・全体公開

・フレンドのみ公開

・非公開

ほぼすべての項目を、それぞれ好みに合わせて設定することができます。

 

設定方法についてお話しする前に、公開・非公開でどのように見た目が変わるか、図を用いてご説明していきます。

表示・非表示の外観比較

まずはプロフィール画面を確認してみましょう。

下の画像は、自分のSteamプロフィールを他人が閲覧する際の表示

profile-private-setting04

① 基本情報

・プロフィール名

・アバター(プロフィール画像)

上記の項目が含まれます。

この部分についての公開設定は変更不可。必ず全体に公開しなければなりません。

そのため、住所・メールアドレスといった個人情報がプロフィール名やアバターに含まれていると非常に危険。

心配な方は確認しておきましょう。

プロフィール名については、こちらの記事で詳しくお話しております。

・Steamのアカウント名を変更したい!「いいえ、変更すべきはプロフィール名です」

② プロフィール

・所持ゲーム

・フレンドリスト

・スクリーンショット

・プロフィールへのコメント

このように、実に多くの情報が含まれています。

プロフィールの公開範囲は、一括で設定することが可能。

profile-private-setting05

上の画像は非公開に設定した場合。

基本情報であるプロフィール名、およびアバターのみが表示されていますね。

 

続きまして、個別に公開設定を変更した場合。

ゲームの詳細

・最近プレイしたゲームタイトルとそのプレイ時間

・所持しているゲーム

・ウィッシュリスト

などなど、ゲームに関連するユーザー情報が幅広く掲載。

profile-private-setting06

この部分を見るだけで、「あなたの好きなゲーム」「プレイ頻度」などを把握できてしまいます。

 

特に気にしない方はそのままで構いませんが、抵抗を感じる方もいらっしゃることと思います。

そんな方は、非公開設定にしてみましょう。

profile-private-setting07

このように、ゲーム関連の表示が外部から一切見えなくなります。

フレンドリスト

・フレンド一覧

・フレンドのin状況

この項目には、上記のようなフレンドに関わる情報が掲載されます。

profile-private-setting09

さらにリストからは、フレンドのプロフィールに直接アクセス可能。

  • フレンドは誰か?
  • そのフレンドはどういうユーザーなのか?

こういった情報を、簡単に知ることができるのです。

 

非表示設定にすることで、下記画像のように。

profile-private-setting10

フレンド関連の表示が一切見れなくなります。

プロフィールへのコメント

プロフィール最下部にあるのがコメント欄。

ここには他のユーザー、およびあなた自身がコメントを投稿可能です。

profile-private-setting11-1

フレンド間の簡単なやり取り・新しいフレンドさんへの挨拶などに使われています。

 

全体公開の場合、「スパム」や「下ネタ連投」など、荒らしを受けることも・・・

遭遇するのは稀ですが、実際に被害を受けている方もいらっしゃるようです。

心配な方は「フレンドのみ公開」あるいは「非公開」に設定しましょう。

profile-private-setting12

コメント欄の表示が消え、閲覧や投稿ができなくなります。

スクリーンショット

Steamではゲームプレイ中にスクリーンショットを撮影可能(F12)。

その画像をオンライン上にアップロードすることで、他のユーザーに公開・共有することができます。

profile-private-setting16

画像ごとに公開・非公開設定が可能。なのですが・・・

 

公開したくない画像は、アップロードしなければよいだけ。

それだけで、他人の目に触れる心配は一切なくなります。

記録・確認など自分用であれば、Windowsのスクリーンショット機能などで十分でしょう (^^)

 

 

ここまで「公開・非公開設定で、プロフィール画面の見た目がどう変わるか?」についてお話してきました。

  • この部分は全体公開でいいかな
  • ここだけはいっそ非公開にしたい・・・

感じ方は様々かと思いますが、「ちょっと設定を確認してみたいな・・・」と思っていただけたなら幸いです。

 

次からは、具体的な設定方法についてお話していきます。

簡単な手順で、時間もかかりませんよ (*^^*)

設定方法

① プロフィール画面を開く

② プライバシー設定を開き、項目ごとに公開範囲を設定する

このような手順になります。

なおSteamクライアントの場合を例にご紹介しますが、SteamのWebサイトでも同様に設定可能です。

 

まずはご自身のプロフィールを画面を開きます。

画面左上の「プロフィール名」をクリック。

profile-private-setting17

展開したリストの中から「プロフィール」を選択します。

なお、画面右上のプロフィール名が表示されている部分からでも同様です。

profile-private-setting13

これでプロフィールが表示されます。

 

続きまして、画面右側の「プロフィールを編集」を選択。

profile-private-setting14

プロフィール名やアバター、自己紹介文などを変更できる編集ページに移動します。

 

次に、画面右側の「プライバシー設定」を選択。

profile-private-setting15

ここで、項目ごとに「公開・フレンドのみ公開・非公開」の設定が可能です。

前述したように、基本情報以外は変更することができます。

 

自分好みの公開範囲を設定し、心おきなくSteamを遊び倒しましょう \(^o^)/

非公開にしない方がいい場合もあります

外部からの閲覧を制限することで、あなたの個人情報をしっかり守れる公開範囲の設定。

しかしプロフィールを非公開にすることで、デメリットも生じます。

 

具体的に言えば、非公開プロフィールだと新たにフレンドを作りにくい点。

好みや人間性が一切がわからない相手と、フレンドになりたいとは思いませんよね。

 

ゲームの進行具合・やりこみ度合いが不明なのも、不安な点。

「Twitterで初心者って言ってたのに、2000時間もやってるやべー人だった・・・」

こんなこともあります。私自身の経験です・・・(^q^)

 

「フレンドはこれ以上必要ない」

「フレンドはリアルの知人のみ」

もちろん、こういう方もいらっしゃるでしょう。

こんな場合は、当然ですが非公開設定にしても一切不都合はないはず。

 

常にすべての情報をさらけ出す必要はありません。

個人的には、自己紹介とゲーム情報さえ公開すれば問題ないかなと思います。

一緒に遊ぶメンバーが揃ってきたら、フレンドのみ公開に切り替えてもよいでしょう。

 

公開範囲をアレコレ設定し、個人情報を守りつつおもいっきりSteamを楽しんでくださいね (^^)

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

=>『トップページ』に戻る