失敗しない!Steamゲームを録画して、Twitterに投稿する方法

posting-on-twitter00_R

Steamのプレイ映像を録画し、Twitterに投稿する方法を説明します。

 

Twitterで投稿可能な動画には、解像度やビットレートなどに制約があります。

録画ファイルがこれに適合していなければ、もちろんアップロードすることはできません。

ええ・・・めんどくさ・・・

慣れれば何ともないのですが、ちょっと億劫になってしまいますね。

 

そんなTwitter投稿用に、「適切な設定で・簡単に」録画できるソフトがあります。

それがBandicam。これを使えば、初めての方でも失敗することなく投稿が可能に。

しかも、無料でガンガン使えますよ!

 

本記事では、Bnadicamを利用した録画、およびTwitterへの投稿方法を説明していきます。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



Steamゲームの録画方法

導入

まずはBandicumをインストールしましょう。

 

有料ソフトですが、無料でも全機能を使用可能。

「Bandicam」公式サイト

上記リンクから公式サイトへ移動します。

posting-on-twitter01_R

 

左側の「ダウンロード(無料)」をクリック。

posting-on-twitter02_R

「Bandicamダウンロード(無料版)」をクリック。

ファイルのダウンロードが開始します。

完了したら、起動してインストールしましょう。

 

Bandicamには、有料の製品版が存在。

しかしTwitter投稿が目的であれば、無料版で十分です。

録画映像にロゴが表示されますが、全機能を使用できます。

 

次からは、Bandicamの設定についてお話していきます。

 

設定

  • ファイルの保存先

Bandicamを起動し、一般タブを選択。

posting-on-twitter03_R

上部に、保存先の設定項目があります。

「…」を選択し、好きな場所を指定しましょう。

 

  • 画質

ビデオタブを選択。

録画に関する設定項目が表示されます。

posting-on-twitter04_R

右下のプリセットをクリック。

表示されるリストの中に、「YouTube/ニコニコ/Twitter 動画」というのがありますね。

解像度別に3種類ありますが、ここでは 720p を選びます。

 

これを選択するだけ。

Steamのプレイ映像を、Twitterなどに適した設定で録画できます。

自分で各種設定を変更する必要がなく、ラクチンですよ (^^)

 

  • ショートカット

録画スタート時は、ショートカットが非常に便利。

デフォルトでは「F12」キーが割り当てられています。

しかしこの「F12」は、Steam側でスクリーンショット撮影のショートカットに。

 

動作に問題はありませんが、録画と同時に不要なスクショが撮影されてしまいます。

気になる方は、「録画開始・停止」のショートカットを変更しましょう。

 

ビデオタブを選択。

「開始・停止」の項目をクリック。

任意のキーを入力することで、新たにショートカットを設定できます。

ここでは「Shift+F12」に変更しています。

 

  • 録画範囲

左上のアイコンを選択。

録画の対象をフルスクリーンに設定します。

 

「ゲーム画面のみ録画」することも可能。しかし、タイトルによっては認識しない場合があります。

フルスクリーン録画であれば、間違いなし。

確実に、どんなゲームでも録画できます。

 

録画

ゲームを起動。

録画したいところで「Shift+F12」キーを押し、録画がスタートします。

この時、Bandicamは起動している必要がありますが、最小化してOKです。

録画終了時も、同様に「Shift+F12」キーを押しましょう。

 

Twitterでは、2分20秒以内の動画が投稿可能。

不要部分をカットした「完成版」が、これを超えないように気をつけましょう。

 

次からは、カット編集についてご説明します。

カット編集

導入

ここではカットや結合など、簡易的な編集が可能な Bandicut についてをご説明します。

多機能ではありませんが、それだけに「見やすく・わかりやすい」デザイン。もちろん無料です。

初めての方でも、悩まずにお使いいただけますよ (*^^*)

 

普段から使用されている編集ソフトがある場合は、こちらからスキップをお願いいたします。

 

まずは、Bandicutをインストールします。

Bandicamを起動し、左下の「Bandicut」をクリック。

インストールが開始します。

完了後は、ここをクリックすればいつでも起動可能に。

方法

Bandicutを起動。

左の「カット」をクリック。

編集する録画ファイルを選択しましょう。

 

ファイルが読み込まれ、表示されます。

シークバーを動かし再生しながら、「残す部分」の始点と終点を決めましょう。

先述した、2分20秒以内という上限に収まるよう、設定します。

決まったら、右下の「スタート」をクリック。

 

ファイル名、および保存先を設定できます。

 

デフォルトの保存先は、オプションから変更可能。

とは言え、何から何までいじると面倒ですので・・・

一度使ってみて、気に入った際には設定してみてください (^^)

 

「スタート」をクリック、処理が開始します。

完了後は諸々の情報が表示されますが、ファイルサイズは要チェック。

動画のサイズが512 MBを超えると、投稿できません。

 

 

500 MB 程度のギリギリでも、アップロードに失敗することがあります。

ひと手間かかりますが、再度カットし直しましょう。

 

次は、お待ちかねの投稿する段階。

画像のアップロードなどと、方法は同じです。

 

Twitterへの投稿

左端のアイコンをクリック。

posting-on-twitter11_R

添付する動画を選択します。

 

正常にアップロードできれば、動画が表示されます。

posting-on-twitter12_R

映像に問題がないことを確認し、ツイートしましょう。

 

以上が、失敗しないTwitterへの投稿方法になります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。