「Night of the dead」スキルシステムの詳細解説

nd-skill00_R

本記事では、Steamゾンビサバイバル「Night of the Dead」のスキルシステムについて解説。

取得方法や優先度の高いおススメスキルをご紹介いたします。

 

「始めてみたものの、なんだかよくわからない・・・」

こんなお悩みを抱えている方に、特に役立つ内容となっております。

 

「アイテム枠がすぐいっぱいになる」「移動速度が遅い」

Night of the Dead を始めたての頃は、様々な不便を感じがち。

 

しかしご安心を。スキルを取得することで、ゲーム性が大幅に改善。

快適なプレイが可能になります。

そんなことから「スキル」は、本作における重要コンテンツの1つと言えるでしょう。

 

  ・ スキル効果などの日本語訳

  ・ スキルを取得する手順

  ・ Reseath material の必要数

 

などなど・・・詳細にお話していきます。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

 



Night of the dead の「スキル」とは?

本作には「Reseach」と呼ばれるスキルシステムが存在。

 

nd-skill01_R

 

アイテムスロットが増えたり、移動スピードが速くなったり・・・

プレイヤーに有利な効果を及ぼします。

 

スキルを取得することで、ゲームの難易度・快適性がガラッと変化。

積極的に覚えていきましょう。

 

続きまして、「スキル取得に必要なもの」についてお話いたします。

スキル取得に必要なもの

下記の2つが必須に。

 

  ・Research table(調査テーブル)

  ・Research material(調査資料)

 

これより、それぞれ解説いたします。

Research table

「B」キーを押し、本設備を設置。

 

nd-skill02_R

 

近付いてアクセスすることで、各種スキルを取得することができます。

 

設置に必要な素材は、以下の通り。

 

  rope_R

Rope
ロープ
wooden-plank_R

Wooden plank
木の板
lumber_R

Lumber
木材
nail_R

Nail
素材個数

 

各素材は、作業台を利用してクラフト可能。

 

しかし、わざわざ作る必要はありません。

これらはすべて「解体」で収集できます。

 

「Research table」の素材集めに最適なのは、木製コンテナ

 

nd-skill04_R

 

これを解体することで、4種の素材すべてを獲得可能。

 

「どの素材が出現するか」についてはランダム。

しかし木製コンテナは、建物内を中心にいろんな場所で発見できます。

 

こまめに解体していれば、自然と必要数が集まっていることでしょう。

Research material

スキル取得時に使用する素材。

 

nd-skill04_R

 

「解体・クラフト・敵ドロップ」などなど・・・

取得機会は豊富。

 

しかし、その消費量はかなり膨大。

必要数の少ないスキルでも10個。

多いものでは、1000個もの Research material を使用します。

 

ええ・・・効率のいい集め方ってないの?

 

おススメは警察署・病院といった「大規模施設」の探索。

内部では「棚」のようなオブジェクトを発見できます。

 

nd-skill05_R

 

これを調べることで、各種素材や回復アイテムなどをランダムに入手可能。

加えて、「Research material」が必ず入っています。

 

含まれている数は、基本的に 10~20。

ウマウマですよね (^q^)

 

大型施設の場合、このアイテム棚が大量に配置されていることも・・・

どんどん探検してみましょう。

 

大型施設周辺には、敵ゾンビが複数出現します。

遠距離武器や回復アイテムなど、万全の準備を整えて乗り込みましょう。

また「Challenge」や「Legend」といった高難易度の場合、敵の数・硬さ・攻撃力・移動速度がエグイことに・・・

火炎放射器やダイナマイト、罠設置用の素材を持ち込みましょう。

 

続きまして、ゲーム序盤において優先して取得したい「おススメスキル」についてお話いたします。

序盤におススメのスキルは?

ここではおススメ順に、下記3種類のスキルをご紹介。

 

  ① アイテムスロット拡張

  ② クラフトの解放

  ③ 採集・採掘

 

豊富なスキルの中から、特に恩恵が大きいものを選りすぐり。

それぞれの「効果詳細」、および「必要なResearch material の数」について解説いたします。

① アイテムスロット拡張

まずは Reseach table にアクセス。

「下から2番目」のスキルをご覧ください。

 

nd-skill06-1_R  

 

ここがアイテムスロットの拡張スキルに該当。

1つ取得するごとに、アイテム枠が「+12」されます。

 

「Night of the Dead」は素材のバリエーションが多いゲーム。

初期段階では、探索を始めるとすぐにスロットがいっぱいに・・・

そのたびに拠点に戻りアイテムを収納しなくてはならず、面倒です。

 

そのため、拡張スキルは非常に有用。

最優先で取得しましょう。

 

4つすべて取った方がいいの?

 

個人的には、2段階までの取得(+24枠)がおススメ。

必要な Research material 数は、1段階目が25。2段階目が50。

合計75ですので、この程度ならすぐに収集可能です。

 

一方3段階目以降は、100・150と必要数が膨大に。

そのためひとまず2段階まで開放し、あとは他のスキルを優先した方が効率的でしょう。

② クラフトレシピの解放

上から3段目、および4段目がクラフトレシピの解放に関わるスキル。

 

nd-skill07-1_R

 

取得することで、表示されている素材が作成になります。

 

特に優先したいのが「Junior Engineer」および「Engineer」。

ここで解放されるクラフトアイテムが、ゲーム内で重要な役割を果たすことに。

 

  ・ Plastic(プラスチック)

  ・ Rubber ring(ゴム輪)

  ・ Tape(テープ)

 

上記3種は、使用頻度の高い素材。武器や建築設備にも使用します。

探索で入手することもありますが、それだけでは不足することもしばしば。

クラフトを開放することで、量産が可能になります。

 

また Trap machine は、「罠」の作成に必要な素材。

強固な拠点建築に必須ですが、探索では入手不可。

自力でクラフトしなければなりません。 

 

これらの理由から、「Junior Engineer」「Engineer」は早めに取得したいスキル。

新しい武器・罠・設備が作れるようになり、そのメリットは計り知れません。

 

それでいて Research material の消費は、それぞれ10・20と低コスト。

最序盤から取得可能です。

 

高度な素材・武器を作成する際、作業台をアップグレードしておく必要があります。

また武器に関しては、別途スキルの解放が必要になります。

 

③ 採集・採掘

下から4番目、および5番目が採集・採掘スキルに該当。

 

nd-skill08-1_R

 

樹木や岩からの資源収集効率が上昇します。

 

特におススメなのが、一番左の「Forest Worker」。

「木に対する攻撃力が20%アップ」

こんな効果があります。

 

20%と言われても、よくわかんないけど・・・

 

詳細については、下記の図をご覧ください。

 

nd-skill09_R

 

こちらは未強化の Felling axe(材木用斧)を使用し、伐採に必要な回数を計測したもの。

ご覧の通り「低木・成木」「大木」において、それぞれ1回ずつ減少しています。

 

木から採集できる 「Log(丸太)」は、特に拠点建築において重要な素材。

土台、階段、壁などなど・・・

ほぼすべての部位に使用します。

 

そういったことから、木の採集効率は大事なポイント。

たかが1回、されど1回。

長い目で見れば、大幅な時間短縮に繋がります。

 

必要な Reseach material の数は25。これまた低コストです。

 

 

Night of the dead における「スキルシステムの詳細解説」は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>『Night of the Dead』記事一覧

=>『トップページ』に戻る