「Night of the Dead」ゾンビの大群、ホード攻略法を解説

20-night_of_the_dead03_00_R

深夜0時から始まる「ホード」の攻略方法を解説いたします。

 

「Night of the dead」最大の見どころである「ホード」。

深夜0時とともに、プレイヤーへ襲い掛かる大量のゾンビたち。

 

その「数・強さ」は、日数の経過とともに強化。

ゲームを続けるほどに、難易度は跳ね上がります。

無計画でプレイしていると、いずれ地獄を見ることに・・・

 

そんなホードを攻略するうえで最重要となるのが、「敵ゾンビの挙動」を知っておくこと。

逆にこれさえ把握していれば、なんということはありません。

 

・拠点建築のポイントがわかる

・効果的な罠配置がわかる

・資源の無駄遣いが減る

 

などなど・・・メリットがいっぱい。

より「Night of the dead」を戦略的に楽しめること間違いなし。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

 



ホード攻略「敵の挙動」

本記事では、3つの特徴的な「敵の挙動」をご説明。

 

・プレイヤーに向かってくる

・建築物を攻撃する

・特殊な敵

 

これより、それぞれ解説いたします。

プレイヤーに向かってくる

ホードが始まると、敵ゾンビは「プレイヤー」目掛けて集まります。

ご存知の方も多いことでしょう。

 

建物などの探索中に始まってしまえば絶望的。

 

20-night_of_the_dead03_01_R

 

追いかけられ、囲まれてボコボコに・・・

時間に余裕を持ち、万全の態勢で迎え撃つようにしましょう。

 

戦場となる場所は、敵の攻撃でボロボロに。

その一方「離れた場所」に設置した建築物は、一切被害を受けません

 

ん?どういうこと?

 

ゲームの舞台となるのは広大なオープンワールド。

プレイの進行に合わせ、マップ上の各地に「拠点・動物用罠」などを設置することになります。

 

 

先述したように、敵ゾンビの目的は「プレイヤー」。

 

20-night_of_the_dead03_14_R

 

プレイヤーの現在地と距離のある被害を受けることはありません。

安心して戦闘に集中しましょう。

 

0時を迎え、ホードが開始。

 

「そろそろ来るかな」

そわそわと待ち構えていたものの・・・・

こちら側に向かってこず、「付近の建築物を攻撃」する場合があります。

建築物を殴る

「プレイヤーへのルートが閉じている」

この状況下では、ゾンビは進行方向付近の建物を攻撃。

ダメージを与えます。

 

ここでわかりやすいよう、具体例を挙げて解説。

 

ゾンビの経路上に「壁」を設置。

さらに二階層の土台を建築します。

 

20-night_of_the_dead03_02_R

 

ここで、下記2パターンにおいてテスト。

 

・ 階段を設置し、プレイヤーの場所までアクセス可能。

・ 一階部分の階段を設置せず、プレイヤーの場所までアクセス不可能。

 

それぞれの挙動を観察します。

アクセス可能

画面中央奥側からゾンビが出現。

プレイヤー目掛けて一直線に走ってきます。

 

20-night_of_the_dead03_03_R

 

途中の壁は完全にスルー。

一切攻撃を仕掛けることなく、土台2階部分に到着しました。

アクセス不可能

こちらは画面右方向からゾンビが出現。

プレイヤー目掛けて走ってきます。

 

しかし、進路上に設置した壁が近づくと・・・

 

20-night_of_the_dead03_04_R

 

壁を攻撃し始めます。

 

一見「プレイヤーとは無関係」に思えるこの壁。

そういった建造物であっても、進行方向付近に存在すれば攻撃する模様。

 

また、すべての敵が一律に壁殴りをするわけではありません。

 

・「攻撃→遠くに離れる」を繰り返す

・別の場所に設置した壁を殴り始める

・土台一階部分を殴る

 

などなど・・・

様々なアクションを取り始めるゾンビたち。

なんといいますか、よくわからかない結果に (^q^)

 

本作では「罠」が迎撃手段のメイン。

「相手の動きを想定し、要所に設備を集中させる」

敵をガンガン撃退するには、この点が重要になります。

 

そのうえで、「プレイヤーへの通路を塞ぐ」ということはデメリットに。

ゾンビの動きが読みにくく、さらに建造物に対して余計なダメージを負う危険性があります。

 

そんなことからプレイヤーへのルートを確保した方が、有利に立ち回ることが可能に。

 

  ・ 壁で囲む場合、少なくとも1ヵ所は空けておく

  ・ 罠を設置する場合も、通過できるように隙間を空ける。

 

上記の点を心がけ、拠点を建築していきましょう。

隙間の判定に関する補足

この判定ですが、「敵自身」も含まれる点に注意。

 

「大量の敵が一箇所の罠にハマった」

こんな場合、一部の敵は「ルートが塞がっている」と判断。

周囲の建造物を破壊し始めます。

 

ん?どういう状況なの?

 

ゾンビの通路上にシュレッダーを設置。

通過できるスペースを狭くしておきます。

 

20-night_of_the_dead03_05_R

 

ゾンビは土台上のプレイヤーを目指し、この隙間を通ろうとします。

すると、罠が作動。足止めしつつ、敵にダメージを与えます。

 

罠によりバタバタと倒れるゾンビたち。

しかし、次々と新たな敵が押し寄せます。

 

これが続くと、後続のゾンビが通過できずに立ち往生。

その際に、付近の建築物を殴り始めることが。

 

20-night_of_the_dead03_06_R

 

「敵の存在により隙間が塞がれている」

こういった判定による現象と思われます。

 

「罠の火力と敵の数」

堅牢な拠点を築くためには、この点を考慮する必要がありそうです。

 

またホード時に出現するゾンビの中には、特殊なアクションを行う敵も存在。

次からは、そんな通常とは異なるゾンビをご紹介いたします。



特殊な敵

ジャンプゾンビ

序盤のホードから出現。

男性タイプ・女性タイプの2種類が存在します。

 

プレイヤーから遠く離れた距離から「ジャンプ」。

一気に距離を詰めてきます。

 

こいつの厄介な点は、そのジャンプの高さ。

 

20-night_of_the_dead03_07_R

 

飛距離は凄まじく、二階・三階でも届く可能性アリ。

設備の修復や罠のリロードを行っていると、突然飛び掛かってきます。

 

内部への侵入を防ぐためには、上層への壁の設置が必須となります。

また、ジャンプモーション中にスパイクランチャーを当てることで、アクションを中断させることも可能。

リッカー風ゾンビ

通常ゾンビと比較し、移動スピードがズバ抜けて速いリッカー風ゾンビ。

 

20-night_of_the_dead03_08_R

 

スタミナを尽きるまでダッシュし続けても、振り切ることは困難です。

 

さらに厄介なのが、死亡時に炎を放つ点。

 

20-night_of_the_dead03_09_R

 

非アップグレードの木製土台・壁に延焼。

ダメージを受け続け、放置していると崩壊してしまいます。

 

「T」キーで修復することで消火が可能。

燃え移ってしまった場合には、速やかに対処しましょう。

 

またこの炎ダメージは、プレイヤーに対しても有効。

燃焼により、一定時間継続ダメージを負ってしまいます。

 

この状態では、インベントリや修復といったアクションが中断。

危機的状況に追い込まれることも・・・

肉屋さん風ゾンビ

動きが鈍重で、凄まじく硬いゾンビ。

 

20-night_of_the_dead03_10_R

 

罠にハメたりボウガンなどで攻撃しても、しぶとく生き残ります。

 

さらに脅威なのが、包丁を投げつける「遠距離攻撃」。

 

20-night_of_the_dead03_11_R

 

なかなか強力で、HPゲージがゴリゴリと削られます。

 

攻撃モーション時に、左右へ移動することで回避可能。

動きを注視し、できる限り避けるよう心がけましょう。

黄色いタイラント風ゾンビ

肉屋さん風ゾンビ同様、非常に硬い種類。

 

20-night_of_the_dead03_12_R

 

罠にハメてもしばらく耐えます。

 

それに加え、俊敏さも兼ね備えた彼ら。

厄介なことに、しばしば罠をすり抜けてきます。

 

20-night_of_the_dead03_13_R

 

最大強化の武器でさえ、倒すまでにかなりの時間を要します。

 

「こいつの対処に気を取られ、罠の回復が追い付かず続々と侵入を許してしまう」

こうなってしまうと、壊滅状態に追いやられる恐れも・・・

 

火炎放射器やダイナマイトを使用。

確実に、かつ迅速に倒すことをおススメします。

 

「Night of the Dead におけるホード攻略」についての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>『Night of the Dead』記事一覧

=>『トップページ』に戻る