[日本語訳付き] Night of the Dead の序盤攻略

19-night_of_the_dead02_00_R

Steamの新作ゾンビサバイバル「Night of the Dead」。

本作における、おススメな「序盤の進め方」をご紹介いたします。

 

サバイバルというジャンルにおいて重要なのが、「ゲームシステム」への慣れ。

アレコレ試行錯誤することで、徐々に効率のよい動きができるように。

その過程が楽しかったりしますよね。

 

しかし、本作「Night of the Dead」は日本語非対応。

英語が苦手な方にとって、この「慣れるまで」は非常にしんどい期間です。

私自身もそうですが・・・(^q^)

 

本記事では、「ゲーム開始直後に取るべき行動」をご紹介。

「優先して作成したいアイテム」「迷子にならないための小技」などなど・・・

日本語訳しつつ、解説いたします。

 

・ 始めたものの、全然わからん

・ 遊んでみたいけど、英語苦手だし・・・

 

こんな方々には、特に目を通していただきたい内容となっております。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

 



「Night of the Dead」 序盤の進め方

具体的には「ゲーム開始~初回のホード終了」まで。

この間に取っておくべき行動をご紹介いたします。

 

本作では深夜0時になると、ゾンビの群れが押し寄せる「ホードモード」が開始。

 

 

このホードモードは、初日から発生。

 

最初はそれほど脅威ではありませんが・・・

準備や対策なしでは、乗り越えるのは困難でしょう。

 

その点を踏まえ「初日の行動目標」としては、以下の点が重要に。

 

・資源収集の準備と実行

・迎撃態勢を整える

 

初日を一通り経験すれば、あとはなんとでもなります (^^)

「ホードモードに備えるため、日中の時間を充てる」

この点は共通です。

 

以下、各項目の詳細をご説明していきます。

資源収集の準備と実行

 

1つ目の手掛かり取得

 

ゲーム開始地点から道路側を眺めてみましょう。

 

19-night_of_the_d19-night_of_the_dead02_01_Read02_00_R

 

前方にオレンジ色の小さい「何か」が見えますね。

 

これはストーリーを進める上でキーアイテムとなる「手掛かり」。

オープンワールド上に複数存在し、これが1つ目になります。

 

日記のオブジェクトに近付き、「F」キーで入手可能。

 

19-night_of_the_dead02_02_R

 

次の手掛かりの場所を、座標で示してくれます。

 

目的地にはすぐに向かった方がいいの?

 

いいえ、その必要はありません。

 

手掛かりの付近には、ゾンビがうじゃうじゃ。

強力な敵が徘徊している場合も・・・

ある程度ゲームを進め、十分な準備を整えてからでOKです。

 

手掛かりを入手するメリットは、「進むべき方向を把握」できること。

 

19-night_of_the_dead02_03_R

 

マップ上で「左クリック」することで、マーキングすることができます。

 

始めたばかりの頃は、マップがほぼ白紙状態。

あちらこちらを探索していると、どちらに向かっていたかわけがわからなくってしまうことも・・・

 

しかし、マーキングしておけば大丈夫。

大まかな進行方向を、常時マップで確認可能。

 

ゲームを終了させると、マップ上のマーキングは消滅。

そのため拠点や重要地点の目印には、後述するフラッグを利用しましょう。

 

斧・つるはしの作成

オープンワールドに自生している、樹木や岩。

 

こういったオブジェクトは破壊可能。

そうすることで、資源を採集することができます。

 

その際には、「各オブジェクトに適した装備」で攻撃する必要が。

 

・・・・・・斧

岩・鉱石・・・つるはし

 

これを守らないと、破壊に要する時間が数倍以上に・・・

効率的な資源収集のために、まずは「斧とつるはし」を作成しましょう。

 

19-night_of_the_dead02_04_R

 

どちらも「Tab」キー、もしくは「I」キーで開ける「インベントリ」から作成可能。

必要な素材は共通で、「木の枝・鉄片・つる・小石」の4種類です。

 

19-night_of_the_dead02_05_R

 

「木の枝」および「つる」は、低木や茂みから収集可能。

その際には、初期から所持している「ナイフ」で攻撃しましょう。

 

「鉄片」は、オブジェクトの解体で入手可能。

 

19,notd104_R

 

金属や鉄くずに近づき、「F」キーを押しましょう。

 

「小石」はそこら辺に転がっていますので、取り放題です。

弓・矢の作成

非ホードモード時においても、複数体で出現することが多いゾンビ。

 

装備やスキルが育ってくれば、ある程度ゴリ押しできますが・・・

序盤では囲まれてしまうと、すぐにやられてしまいます。

 

そのため、「弓」が非常に有用。

 

19-night_of_the_dead02_09_R

 

遠距離から一方的に攻撃できます。

 

もちろん奴らは接近してきますが・・・

ダッシュや方向転換などで、一定の距離を保つことが可能。

 

弓を作るためには、「Equipment Bench(装備台)」が必要になります。

 

19-night_of_the_dead02_10_R

 

「B」キーでビルドメニューを開き、項目を選択。

「Build」を選択して、お好みの場所に設置します。

 

装備台が完成したら、「F」キーでインタラクト。

早速弓を作成しましょう。

 

19-night_of_the_dead02_11_R

 

また弓で攻撃するためには、「矢」が必要になります。

こちらについては装備台不要。

インベントリから作成できます。

 

19-night_of_the_dead02_12_R

 

使用した矢の一部は、回収が可能。

同じ遠距離武器の「銃と」比べ瞬発力は劣りますが、継戦力に優れています。

 

「装備台・弓・矢」、いずれも使用素材は「つるはし・斧」とほぼ共通。

容易に入手でき、最序盤から作成可能です。

所持スロットの拡張

天然資源の収集、スクラップの解体、建造物の探索・・・

様々な種類のアイテムを獲得できます。

 

しかし初期状態では、所持可能なアイテム枠が少なめ。

すぐにいっぱいになってしまいます。

 

そんな時に役立つのが「スキル」システムです。

 

解体や敵撃破時に、一定確率で入手できる「Research Material」を使用。

様々な効果の特殊技能を習得することができます。

 

19-night_of_the_dead02_06_R

 

この中には、「アイテムスロットを拡張」するスキルも存在。

 

うわ、もうアイテムがいっぱい・・・何か捨てないと。

 

こんなモヤモヤを防ぐことができます。

 

スキル習得には、クラフトで作成できる「Research Bench」が必要に。

 

19-night_of_the_dead02_07_R

 

後述の仮拠点に作成しておきましょう。

仮拠点の作成

「敵が攻めずらく、防衛しやすい」

そんな好条件の建造物や地形が、オープンワールド上には存在します。

 

とは言え序盤は気にしなくてOK。

ひとまず、仮拠点を作っておきましょう。

 

本当に?敵がガッツリ攻めてくるんでしょ?

 

ゲーム開始からの数日間は、ホードモードの難易度が優しめ。

弓やスパイクなど、簡易的な対策で十分撃退可能です。

 

それよりも頭を悩ませるのがアイテムの所持枠不足。

スキルを駆使しても、すぐに上限に達します。

 

そんなことから、とりあえず「アイテム保管用の仮拠点」設置がおススメ。

アイテム収納箱など、必要最低限の設備を作成しましょう。

 

設備を破壊することで、使用素材の一部が戻ってきます。

さらにスキルを強化することで、100%回収可能に。

建築好きの方ならば、優先して取得する価値があります。

 

収納箱の作成

アイテムの保管が可能な「Storage box(収納箱)」.

 

19-night_of_the_dead02_13_R

 

材料は「木の板」「釘」「プラスチック」3種類。

作業台を利用し、「Log(丸太)」や「鉄片」から作成可能。

 

しかし、探索中に入手することもあります。

 

19-night_of_the_dead02_14_R

 

希少度は低く、そこそこの頻度で獲得可能。

「気付いたら、材料がすべて集まっていた」

そんなことも多々あります。

寝具の作成

寝具を作成・設置することで、リスポーン地点の設定が可能。

 

19,notd105_R

 

敵にやられた際に、この場所から復活することができます。

 

所持品はすべて死亡地点にドロップ。

「F」キーでインタラクトすることで、回収可能です。

 

死亡時に寝具を作成していない場合、「ゲーム開始地点」から再開することに。

非常に面倒ですので、とりあえず作成しておきましょう。

 

フラッグの作成

おススメな設備として、最後にお話するのが「フラッグ」。

 

19-night_of_the_dead02_15_R

 

先述した「マーキング」同様、マップ上に目印をつけることが可能です。

 

異なるのは以下の点。

 

・ゲームを終了させても消滅しない

・表示数に制限なし

 

マーキングの場合、設定できるのは1か所のみ。

さらにゲームを閉じれば消えてしまう。そんな性質。

 

しかし、フラッグならば大丈夫。

 

19-night_of_the_dead02_16_R

 

破壊されない限り、永久に表示され続けます。

ゾンビの攻撃が届かない屋根などに設置すれば、なお安心です。

ホードへの備え

始まってしまうと、とにかく「余裕がなくなる」ホードモード。

アイテムの作成・整理は、事前に済ませておきましょう。

 

「インベントリを開いている間に包囲され、ボコボコに・・・」

こんなことがよくありますので (^q^)

 

 

「Night of the Dead 序盤の攻略」についての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>『Night of the Dead』記事一覧

=>『トップページ』に戻る