初代バイオ+クロックタワー=原点回帰の神ホラーゲーム「Alisa」

introduction-of-alisa00_R

「最近のホラーゲームって、グラフィックは綺麗なんだけど・・・」

「もっとシンプルなホラゲがやりたい」

こんな方々に、ぜひおススメしたいゲームがございます。

 

それが「Alisa」。

ベルギーのインディーゲーム開発者、Casper Croes 氏が手掛けるホラーアドベンチャーです。

 

初代バイオが持つ、シンプルなゲームシステム・独特な固定カメラアングル。

そして、クロックタワー特有の不気味な雰囲気・・・

これらを併せ持つ、懐かしさあふれる王道ホラーとなっています。

 

2020年5月26日現在、本作は開発中の段階。

KIckstarterキャンペーンを実施中で、デモ版が itch.io よりリリースされています。

 

本記事では、そんな「Alisa」をピックアップ。

ストーリーや基本システム、おすすめポイントなど、本作の魅力を余すことなくご紹介していきます。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



ストーリー

英文を翻訳しているため、一部表現に誤りがある場合がございます。

ご了承くださいませ。

 

主人公アリサは、エリートロイヤルエージェント(?)。

指名手配の犯罪者を追跡中に意識を失う。

 

目が覚めると、そこは古い屋敷の一室。

introduction-of-alisa01_R

しかもなぜか、身に覚えのない青いドレスを着せられています。

(誰が脱がせたんでしょう。気になりますね。)

 

ここから脱出するため、屋敷内を探索し始めるAlisa。

その最中、気味の悪い人形と遭遇します。

introduction-of-alisa02_R

襲い掛かる異形の敵、そして謎に包まれた屋敷・・・

果たして彼女は、無事に脱出できるのでしょうか。

システム

移動

左右のキーで旋回、上下で前身・後退。

昔のバイオを彷彿とさせる、いわゆる「ラジコン操作」です。

 

この操作方法を採用しているゲームは、現在ではほぼ皆無。

初めは違和感を覚える方も多いことでしょう。

 

製品版では、現代的な操作方法を追加。

ラジコン操作と切り替え可能になるとのこと。

謎解き

本作には、ところどころにパズル要素が存在。

ゲーム進行のために、頭をひねる必要があります。

introduction-of-alisa03_R

ホラーゲームではおなじみですね。

衣装

デモ版(バージョン1.32 時点)では、2種類の衣装が存在。

introduction-of-alisa04_R

これがなかなかのクオリティ・・・

開発者 Casper Croes 氏のこだわりが感じられます。

 

所定の場所で着替えが可能。

introduction-of-alisa05_R

外見の変化とともに、様々なステータス効果を得ることができます。

武器

本作にはハンドガンやライフルといった武器が登場。

introduction-of-alisa11_R

2種類まで装備でき、いつでも切り替え可能です。

 

現在公開中のデモ版(バージョン 1.32)では、近接武器は無し。

ただし公開中のディザームービーでは、小剣を持っている場面が。

製品版において実装されるものと思われます。

戦闘

R1(RB)で射撃姿勢。

その状態から、射撃やリロードが実行できます。

 

クロスヘアなど、照準に関わる表示は一切なし。

その代わり、「狙いの正誤」をナビゲートしてくれる機能が存在します。

introduction-of-alisa06_R

画面右下に見える、照準のアイコン。

 

射撃体勢時、敵に照準が合っていればオレンジ色に強調表示されます。

introduction-of-alisa07_R

 

固定アングルということもあり、慣れるまではなかなか当てづらい印象。

このアイコンを逐一チェックすることで、敵との戦闘が楽になります。

 

敵を倒すと「トゥースウィール」(歯車)がドロップ。

introduction-of-alisa08_R

Alisaの世界における通貨にあたり、後述のショップで使用します。

ショップ

屋敷のとある一室。

introduction-of-alisa09_R

ポールと名乗る、謎の喋る人形と出会います

 

彼からは弾薬や回復アイテム、衣装などを入手可能。

introduction-of-alisa10_R

その代金として、先述の「トゥースウィール」を支払います。

バイオ4っぽいですね (^^)



おすすめポイント

とにかく、雰囲気が抜群

「雰囲気」を表現するのに、言葉など不要。

まずはご覧ください。

introduction-of-alisa12_R introduction-of-alisa13_R

いかがでしょう。

なんか面白そうですよね!

 

影の加減とか、丸っきり初代バイオっぽい構図とか・・・

プレイするほど、ゲームに引き込まれていきます。

やっぱり、固定アングルは怖かった

introduction-of-alisa15_R

久しぶりに固定カメラ視点のゲームをプレイしましたが・・・

なかなかいいもんだなと、改めて感じました。

 

「そこの角の先、敵がいそう・・・」

「あー足音が聞こえる。絶対いるわ。」

こんな感覚を味わえます。

うーん・・・なポイント

マップをショートカットで開けない

本作にはマップが存在。

探索がメインのゲームなので、自ずと使用頻度も高くなります。

 

ですがマップを開くには、「メニューを開く→マップを開く」という操作が必要に。

introduction-of-alisa14_R

何度も使う機能ということもあり、煩わしさを感じます。

 

Mキーなどで、直接開けそうなものですが・・・

要望の声が大きければ、完成版では改善されるはず。

現在の状況

2020年5月22日より、Kickstarterキャンペーンを実施。

 

開始からわずか1日で、目標金額 €20.000(約\ 2,300,000)の42%を達成。

注目度の高さが伺えますね (^^)

5月26日時点では60%に到達し、「期間内の目標達成は確実」とされています。

 

またインディーゲームプラットフォームの「Itch.io」より、デモ版(バージョン 1.32)がリリース中。

今後の展開

完成予定時期

「約1年で完成できる」と、Casper Croes 氏本人が Kickstarter ページにて明言しています。

そこから推測すると、「2021年5月頃」には完成版がリリースされると思われます。

対応プラットフォーム

Steamにデモ版の公開を申請中とのこと。

問題がなければ、完成版もSteamからリリースされると思われます。

 

またXbox、Playstation4といったCS機への展開も希望しているようですが・・・

Kickstarterや、今後の売り上げしだいとのことです。

ゲームのボリュームと追加要素

デモ版は30分~1時間程度のボリューム。

完成版では、4時間以上のコンテンツを目指しているとのこと。

 

また、追加要素についても言及しています。

 

・新衣装および新武器

・敵の種類、およびボス敵の追加

・マルチエンディング

・DLC衣装

 

上記を追加予定とのこと。

なかなか盛りだくさんですね。期待が膨らみます (^^)

必要スペック

最小要件:

・OS   Windows XP

・メモリ 2 GB

・CPU  Intel Duo Core Mobile T7500(2.20 GHz)

・GPU  DirectX 9と互換性のあるビデオカード

 

通常のノートPCなどでも、十分に動作可能。

Casper Croes 氏本人も、「ほぼすべてのPCで動作する」と語っています。

リンク

・デモ版の入手はこちらから(itch.io)

https://caspercroes.itch.io/alisa-demo

・Alisa(Kickstarter)

https://www.kickstarter.com/projects/caspercroes/alisa-game

・Casper Croes 氏のTwitterアカウント

https://twitter.com/CasperCroes

 

=>『ホラー』記事一覧

=>『トップページ』に戻る