そこはジャングルという名の地獄・・・Steam無人島サバイバル「GREEN HELL」

まさに「地獄」の名にふさわしいサバイバルゲーム。

GREEN HELL」は2018年8月29日、Steamより早期アクセス版が配信されました。

私自身サバイバルゲームが好きで、いろいろプレイしてきました。

しかし、たった1日を生き抜くのにこれほど苦労したのは初めてです?

本作には、クラフトや成長要素などもあります。

しかしなにより、「いかにして生き延びるか?」という点がメインかなと感じました。

本記事では、「GREEN HELL」の概要や基本システムについてお話していきます。

刺激・緊張感のあるサバイバルを求めている方には、特にオススメです?

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



ゲームの流れと特徴

  1. 周辺を探索、食料や素材を収集。
  2. 拠点作成
  3. 探索範囲を拡大

基本的には上記の流れに。

探索を進め、新たな場所や施設、動植物を発見していきます。

また、本作にはマップが存在せず、密林が舞台ということもあり迷いやすいのが特徴。

「あれ、ここさっき通ったような・・・」「ここ、どこ・・・?」

こんなことも日常茶飯事。

また、毒ヘビや猛獣に遭遇することも。ジャングルですので?

襲われた際、治療手段がないとほぼ助かりません。死にます?

そんなこともあり、セーブや調理が可能な拠点が重要に。

ここを起点として探索、ある程度進んだらまた別の拠点を作成・・・

このように進めていくのが確実かなと思います。

メイン画面

① 各種ゲージ

・HP

・スタミナ

・精神(正気度、精神状態)

この3つで構成されます。

  • HPは2本の横棒のうち、上のゲージ。

外敵から攻撃を受けた時、けがをした時、高所からの落下時などに減少します。

0になれば死にます?

  • スタミナは下の横棒ゲージ。

走ったり、道具使用時に減少。静止すると回復します。

またスタミナの最大値は時間経過ととに減少。

寝る、一部の食べ物で回復します。

  • 左側の顔が精神状態。

本作において大事な要素です。放っておくと、どえらいことに・・・

次のシステム解説にて、詳しく説明させていただきます。

② 情報アイコン

体に異常がある場合や、治療を行っている際に各アイコンが表示されます。

③ 武器

外側の円で武器の耐久度、その内側のアイコンで装備している武器の種類を示します。

システム解説

採集・狩猟

果物やキノコ、木の枝や石を採集できます。

木や太い枝は、斧を使用して伐採可能。

また、島内にはヤシの木がボコボコ生えており、ココナッツが生っています。

地面に自然落下していることもありますが、石などをぶつけることで落とせます。

ココナッツからは水分、脂質、炭水化物を摂取でき、重要な栄養源に。

さらに殻は貯水容器として利用できます。

 

島には野生動物も生息。狩ることができます。

しかし足が非常に早く、見つかればほぼ逃げられます。

草むらに潜み、弓や槍を使って遠距離から狙いましょう。

魚も捕れます。

栄養素

生きるうえで重要な要素のひとつ。

タンパク質、炭水化物、脂質、そして水分の4種類。

いずれかが尽きると、HPが減少。死が待ち受けています・・・

現在の栄養は、腕時計で確認できます。

また、それぞれのアイテムに含まれる栄養素を見ることもできます。

精神状態(正気度)

メイン画面で少し触れた、精神状態。

こちらも放っておけない大事な要素です。

極端に低くなると、幻聴が聞こえるようになります。

さらには幻覚まで見えるように・・・

しかもやっかいなことに、この幻覚として現れる原住民の方々、襲ってきます。

幻覚ですので、倒してももちろん何もドロップしません?

下がることによるメリットはないので、ある程度の値を保つ必要があります。

下がる要因

  • 体にヒルやワームが付着したまま放置
  • 食べ物
  • 地面などでの睡眠

上がる要因

  • 火のそばに寄る
  • 食べ物
  • ベッドなど、睡眠に適したところで寝る
食べ物では種類によって精神状態の上昇、低下があります。

例えば、カピバラ肉のステーキは上がりますが、人肉ステーキはガッツリ下がります。

クラフト

必要な素材を集めて、様々な道具や武器を作ることができます。

生活に必須な道具、例えば火おこしツールなど、全て自作することになります。

完成品を入手することは、ほぼありません。お気を付けください?

クラフトのレシピ(設計図)は、素材を入手した時や現物を発見した時に解放されます。

バンバン探索して、未知の発見をしていきましょう。

素材は分解することで、下位素材に変換可能。

例えば長い木の枝は、2本の木の枝に変換できます。

用途に応じて利用してみましょう?

習熟度

クラフトや調理、斧などを使い続けることで習熟度(熟練度)が上昇。

これにより、いろいろな恩恵を受けることが可能に。

クラフトで例を挙げると、最初は耐久値が低い武器しか作れず、すぐに壊れてしまいます。

しかし、習熟度が上がるにつれて耐久値が上昇。

壊れにくい、長持ちする武器を作成できるようになります。

こんなときは・・・

狩りがうまくいかない

野生動物の肉は貴重なタンパク源となり、食べることで精神状態も改善します。

骨はいろいろな武器の素材になり、さらには煮込むことで栄養満点スープに。

密林生活を送る上で避けては通れない狩猟。なのですが・・・

仕留めきれずに逃げられることもしばしば。

「せっかく弓矢を一発入れたのに・・・」

と、悔しい思いをすることがあるかもしれません。

そんな時には、を使ってみましょう。

弓や石同様に、投げることができ、当たれば一撃で仕留められます。

水が足りない

実際の人間と同じように、水分の要求量が多めです。

あちらこちらに転がっているココナッツでのどを潤すことができますが、それだけでは足りなくなることも。

そんな時には、川や沼の水を利用しましょう。

ただし、そのまま飲んではいけません!食中毒になりますよ!

ココナッツの容器で、水を貯めることができます。

火をおこし、この汚い水を煮沸消毒します。

こうすれば、安全に水を飲むことができます。

まとめ

冒頭でも述べましたが、なかなか歯ごたえのあるサバイバルゲームです。

ある程度慣れてきても、毒ヘビに噛まれて治療できなければ死亡。

うっかり虎に遭遇すれば、逃げ切れずに死亡。

私は今でもこんな感じです?

それだけに、

「どうやったら生存できるか」「より安全な場所はないか」

などなど、試行錯誤するのが楽しいですね。ハマります?

グラフィックもなかなか綺麗ですし、密林を歩き回ってビューティフルな風景探しをするのも面白いですよ。

なお、現在は日本語に対応していませんが、製品版リリース時に対応するとのこと。

今でも十分楽しめるゲームですが、もし英語に抵抗がある場合は、その際にお試しいただければ幸いです。

本記事をご覧いただき、ありがとうございました。

基本情報

  • タイトル    GREEN HELL
  • ジャンル    無人島サバイバル
  • 対応機種    PC(Steam)
  • 開発元     Creepy Jar
  • 販売元     Creepy Jar
  • リリース日      2018年8月29日
  • 価格      2,050円

必要スペック

最低

  • OS         Windows 7, 10(64 bit)
  • プロセッサー   3.2 GHz Dual Core Processor
  • メモリー             4 GB RAM
  • グラフィック      Nvidia GTX 660(2 GB VRAM)
  • ストレージ         8 GB 利用可能

 

推奨

  • OS         Windows 7, 10(64 bit)
  • プロセッサー   3.2 GHz Dual Core Processor
  • メモリー             8 GB RAM
  • グラフィック     Nvidia GTX 970(4 GB VRAM)
  • ストレージ         11 GB 利用可能

公式トレイラー

リンク

「GREEN HELL」Steamストアページ