Geforce NOWの遊び方。ゲーム追加~起動までの手順解説

gfnsb-how-to-play00_R

本記事では、Geforce NOW Powered by SoftBank の遊び方について解説。

ライブラリへの追加、Steamアカウントとの紐づけ、およびゲーム起動の手順をご説明させていただきます。

 

初めての方でも迷わぬよう、図を多めに掲載。

 

「登録してみたけど、操作がよくわからない」

「気になるけど、なんかめんどくさそう」

こんな方に、特におすすめな内容となっております。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

 



Geforce NOWの遊び方。ゲーム追加~起動までの手順解説

概要

Geforce NOWは、あくまで「快適なゲーム環境を提供する」サービス。

ゲーム自体の販売は行っていません。

 

そのため実際にGeforce NOWで遊ぶためには、「Steam」「Epic Games」といったプラットフォームからゲームを入手する必要があります。

 

購入履歴などのデータは、「各プラットフォームのアカウント」に記録。

これを「Geforce NOWアカウント」とリンク(紐づけ)。

gfnsb-how-to-play13_R

こうすることでデータが連携し、Geforce NOWでのプレイが可能になります。

 

本記事では、Steamで無料配信中の「Warframe」を例にご説明。

 

① ライブラリへの追加

② Steamアカウントの作成、およびリンク(紐づけ)

③ ゲーム起動

 

上記の順に解説させていただきます。

 

ここでは「Steam未登録」「ゲーム未所持」という条件で進行。

そのため、すでにSteamを利用されている方にとっては不要な内容も含まれております。

予めご了承くださいませ。

 

① ライブラリへの追加

まずはGeforce NOWアプリを起動。

gfnsb-how-to-play01_R

検索ボックスをクリックします。

ボックス内に「warframe」と入力。

 

検索条件に該当するゲームが表示されます。

gfnsb-how-to-play02-1_R

Warframeにカーソルを合わせ、「+ ライブラリ」をクリック。

 

これでライブラリに追加されました。

gfnsb-how-to-play14_R

 

ライブラリへの追加は、所有していないゲームでも可能。

しかし実際にプレイするためには、各プラットフォームから入手・購入する必要があります。

 

続きまして「Steamアカウントの作成、およびリンク」についてご説明させていただきます。

② Steamアカウントの作成、およびリンク(紐づけ)

ライブラリ上のWarframeにカーソルを合わせ、「プレイ」をクリック。

gfnsb-how-to-play03_R

ゲームデータの読込が始まります。

 

読込が完了すると、Steamのログイン画面が表示。

gfnsb-how-to-play05_R

ここで、「新しいアカウントの作成」をクリックします。

 

すると、個人情報の入力画面が表示。

gfnsb-how-to-play06_R

メールアドレスを入力。

不正アクセス防止システム(reCAPTHA)、および利用規約への同意にチェックを入れます。

 

完了したら、画面右下の「続行」をクリック。

 

「メールの確認」画面が表示されます。

gfnsb-how-to-play07-1_R

ここで、先ほど入力したメールアドレス宛にメッセージが送付されます。

メールを開き、本文中のリンクをクリックしましょう。

 

すると、「メールアドレスが確認されました」と表示されます。

gfnsb-how-to-play08_R

画面を閉じ、アカウント作成に戻りましょう。

 

続きましてSteamアカウント名、およびパスワードを入力。

gfnsb-how-to-play09_R

入力を終えたら、画面右下の「サインアップを完了」をクリック。

 

アカウント作成完了画面が表示されます。

gfnsb-how-to-play10_R

「続行」をクリックします。

 

すると、最初のログイン画面へ移動。

gfnsb-how-to-play11_R

ここに先ほど入力した「Steamアカウント名」、および「パスワード」を入力。

無事ログインできればOK。

GeForce NOWアカウントとのリンクも同時に行われます。

③ ゲームを起動

ログインが成功すると、ゲームが起動。

gfnsb-how-to-play12_R

読込終了後、プレイ可能に。

 

以後ゲームを遊ぶ際には、Geforce NOWアプリのライブラリからアクセスできます。

gfnsb-how-to-play15_R

またショートカットを作成し、デスクトップから直接起動することも可能。

 

 

プラットフォームのアカウントとは別に、「ゲーム独自のユーザー登録」が必要になる場合があります。

ちょっと面倒ですが、一度登録してしまえば以後手間はかかりません。

ちゃちゃっと済ませてしまいましょう (^^)

 

 

Geforce NOWの遊び方に関する解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「GeForce NOW Powered by SoftBank」の最新情報はこちらから

「GeForce NOW Powered by SoftBank」公式サイト

 

=>『GeForce NOW』記事一覧

=>『トップページ』に戻る