「絶対に後悔しない」ゲーミングノートPCの選び方

gamingnote-how-to-choose00_R

本記事ではゲーミングノートPCの購入を検討している方向けに、「後悔しない選び方」を解説いたします。

 

「ゲーミングノート」と一口に言っても、多種多様な製品が存在。

「興味あるんだけど・・・どれを選んだらいいかよくわからん」

このようにお悩みの方も、少なくないはず。

 

スリムなボディでありながら、SteamをはじめとしたPCゲームを思いっきりプレイできる。

ゲーミングノートPCは、そんな魅力的なデバイス。なのですが・・・

 

「あれ?くっそ重いんだけど・・・」「他のにすればよかった」

選択を誤ると、購入後にこんな後悔を残すことも。

 

しかしご安心を。

本記事では、自分に合ったベストなゲーミングノートの選び方を解説。

「遊びたいゲームの推奨スペックを利用して、購入候補を絞り込む」

こんな方法をご説明いたします。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



絶対に後悔しないゲーミングノートの選び方

購入するゲーミングノートのスペックを決める

ご存じの方も多いことと思いますが、「性能」を意味します。

ゲーミングノートを選ぶにあたって、最重要となる手順。

ここで正しく決めておかないと・・・・

 

・スペック不足でゲームがカクカク」

・逆にハイスペックすぎて性能を持て余す

 

このように、残念なことになりかねません。

 

とは言えご安心を。スペックを決める方法はごく簡単。

これより、くわしくご説明させていただきます。

 

 ① 大事なのはグラフィック性能

ゲーミングノートはCPUやGPU、メモリといったパーツから構成。

パーツごとに役割が異なり、それぞれの処理能力の高さがPC自体の性能に影響します。

 

しかしゲーミングノート選びにおいては、すべてのパーツを気にする必要はありません。

チェックするのは、グラフィック性能(GPU)だけでOKです。

 

え?他のはいいの?

 

基本的に、ゲーミングノートに搭載しているCPUやメモリは非常に優秀。

ゲーミングPC(デスクトップ)に引けを取らないほどの性能を有しています。

 

そのため、特段気にする必要はありません。

詳細はこちらの記事をご覧くださいませ。

「Steamをガッツリ遊べるノートPC」そんなのあるわけが・・・ありました

 

一方グラフィック性能については、注意が必要。

製品ごとのスペック差が顕著で、価格にも大きく影響します。

 

これらのことからゲーミングノートを選ぶ際には、グラフィック性能を重要視しましょう。

 

続きまして、実際にグラフィック性能を決めていきます。

 

 ② プレイしたいゲームの推奨スペックをチェック

あなたはゲーミングノートを使って、どんなゲームをプレイしたいですか?

 

そのゲームの「推奨スペック」を調べてみましょう。

gamingnote-how-to-choose07_R

「これくらいのスペックがあれば、このゲームは快適に遊べますよ」

推奨スペックとは、そのような意味。

 

ゲーミングノートを選ぶ際には、これを目安にするのがおすすめ。

「高すぎず低すぎず」、適切な性能の製品を選ぶことができます。

 

本記事では例として、「SEKIRO(隻狼)を思いっきり遊べるゲーミングノート」という条件でご説明。

推奨スペックを確認していきます。

 

まずはSteamクライアントを起動。

SEKIROのSteamストアページへアクセスします。

gamingnote-how-to-choose01_R

ページ下へスクロール。

 

すると、「システム要件」という項目があります。

gamingnote-how-to-choose02_R

左側に最低スペックが、右側に推奨スペックが表示。

OS・プロセッサー・メモリといった項目ごとに記載されています。

 

ここで「グラフィック」に注目してみましょう。

gamingnote-how-to-choose03_R

「NVIDIA GeForce GTX 970、AMD Radeaon RX 570」と記載されていますね。

 

始めて見る方にとっては、なんのこっちゃと感じるかもしれませんが・・・

なにも難しいことはありません。

グラフィックボード(ビデオカード)のメーカー、および型番(製品名)を表しています。

 

 ・ メーカー

NVIDIAおよびAMD。

ゲームならば「NVIDIA」、映像ならば「AMD」というのが一般的な評価。

そのため両方の表記がある場合は、NVIDIAの部分だけチェックすればOKです。

 

 ・ 型番(製品名)

末尾の数字が大きいほど新しい製品であり、基本的に高性能となります。

 

推奨スペックは、「Apex」や「Valorant」などSteam以外のゲームでも確認可能。

「動作環境」など名称が異なる場合もありますが、意味は同じです。

公式サイトに必ず掲載されていますので、チェックしてみましょう。

 

gamingnote-how-to-choose04_R

「Apex Legends」の動作環境

gamingnote-how-to-choose05_R

「Valorant」の動作環境

 

SEKIROのグラフィック性能に関する推奨スペックは、「NVIDIA GeForce GTX 970」ということがわかりました。

 

続きまして、PCメーカーのWEBサイトにアクセス。

上記の条件を満たすゲーミングノートを、実際に選んでいきます。

推奨スペックを満たす製品を探す

本記事では例として、老舗PCメーカーの「ドスパラ」を利用してご説明。

 

ドスパラでは幅広いスペックの製品を取り扱っており、種類が豊富。

そのため、「自分に合ったゲーミングノートを見つけやすい」というメリットがあります。

 

また私事ですが、以前使用していたデスクトップPCはここで購入。

目立った故障もなく、8年ほど継続使用できました。

 

そんなことからドスパラには、強い安心感・信頼感を抱いています。

 

 ① WEBサイトへアクセス

まずは下記リンクをクリック。

ドスパラ 公式サイト

 

ドスパラのWEBサイト、ゲーミングノートの一覧ページへ移動します。

gamingnote-how-to-choose06_R

ページ下へスクロール。

 

すると、モデル一覧(14~15インチ)という項目が見えます。

gamingnote-how-to-choose08_R

製品ごとにスペックや価格が表示。

 

ここで、各製品のグラフィックを確認してみましょう。

gamingnote-how-to-choose09_R

「GeForce GTX1650 Ti」「GeForce RTX 2070」といったグラフィックボードが使用されているのがわかります。

 

先ほど確認したSEKIROの推奨スペックは、「GeForce GTX 970」でしたね。

これと同等以上のグラフィック性能を持つ製品を、候補として選んでいきます。

 

型番がいろいろ違うんだが・・・どうすれば「性能が高い」とかわかるの?

 

 ② ベンチマークスコアを確認

ここで役立つのがベンチマークスコア。

gamingnote-how-to-choose10_R

各グラフィックボードの性能を計測・評価し、点数を付けたものです。

主に海外サイトで公開されており、誰でも無料で閲覧可能。

ベンチマークスコア(PassMark Software)

 

これを利用することで、それぞれの客観的な比較が可能となります。

 

下記画像はPassMark Softwareのベンチマークスコアを参考に、各製品のグラフィック性能をグラフ化したもの。

gamingnote-how-to-choose12-1_R

青色の横棒は、ゲーミングノートに使用されているグラフィックボードの性能を。

赤色の横棒は、SEKIROの推奨スペックである「GTX 970」の性能を表しています。

 

「SEKIROを快適にプレイする」という目的でゲーミングノートを選ぶと、6番は除外され、1~5番が候補に。

 

 ③ 予算と相談し、絞り込む

1~5番の製品価格は「129,980円~219,980円(税抜)」。

最大で約10万円近くの差があります。

 

なんでそんなに値段が違うの?

 

製品の価格には、主に下記の点が影響します。

 

・ CPUやグラフィックボードなど、各パーツの性能

・ ストレージ(ファイル容量)の大きさ

 

高性能のパーツは、それ自体が高価格。

そのため、ゲーミングノートの本体価格も自ずと高くなります。

 

もちろん、高ければ高いほど性能も上がりますが・・・

ここで探しているのは「SEKIRO」を快適に遊べるゲーミングノート。

 

候補とした1~5番の製品から、どれを選んでも動作に問題はありません。

 

予算と相談し、お手頃さを求めるなら最安値の製品を。

性能の高さを求めるなら、最高値の製品を選びましょう。

 

ゲーミングノート購入後に、「より要求スペックが高い魅力的なゲーム」がリリースすることも、当然あり得ます。

そのため推奨スペックギリギリの製品よりは、多少性能に余裕のある製品を選ぶのがおすすめです。

 

「後悔しないゲーミングノートの選び方」についての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>『ゲーミングノート』記事一覧

=>『トップページ』に戻る