容量を気にせず遊び倒しましょう!Steamゲームフォルダの設定・移動

Steamをプレイする際、気になるのがゲームの容量。

 

小さくても数GB。大きいタイトルでは 100 GB超え・・・

ふと気づけば、SSDの残り容量はごくわずか。

こういった状況も、珍しくありませんね。

 

ご安心ください。

SSDの容量問題は、ゲームフォルダの設定により解決可能です!

 

大容量HDDに新たなフォルダを作成。

あまりプレイしなくなったゲームは、HDDに移動。

これだけで、SSDの容量を大幅に節約できます。

 

本記事では、そんなゲームフォルダの設定および移動方法を解説。

 

サクッと設定して、思う存分Steamを楽しみましょう!

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

(SSD+HDD構成を前提とした解説となります)



Steamゲームフォルダの設定・移動

冒頭でも触れましたが、手順の流れは以下のようになります。

 

① HDD(Eドライブ)内にゲームフォルダを新規作成

② 新フォルダにインストール済みゲームを移動

 

もし現時点で移動したいゲームがない場合、①の手順まででOKです。

ゲームフォルダを新規作成

Steamクライアントを起動。

folder03-01_R

画面左上メニューの「Steam」をクリック。

展開されるリストの中から、「設定」を選択します。

 

各種設定画面へ移動。

folder03-02_R

画面左側にカテゴリが表示されます。

 

中段付近にある「ダウンロード」を選択。

最上部の「STEAMライブラリフォルダ」をクリック。

 

すると、 ゲームデータ保存先に設定されているフォルダが表示されます。

folder03-03_R

デフォルトでは上記のように、Cドライブ内のSteamフォルダのみ。

 

画面左下「ライブラリフォルダを追加」をクリック。

folder03-04_R

ここで新たなゲームフォルダの作成、もしくは選択が可能です。

 

Eドライブを選択し、左下の「新しいフォルダ」をクリック。

folder03-05_R

すると、「SteamLibrary」という名前のフォルダが作成されます。

 

これにより、ゲームの保存先としてEドライブ(HDD)が選択可能になりました。

新フォルダへゲームデータを移動

本記事では、Steamに備わっている機能を利用したシンプルな方法をご紹介します。

「誤った操作をして、不具合が出るのが心配・・・」

そんな方もご安心を。ものすごく簡単ですよ!

 

Steamクライアントを起動。ライブラリを開きます。

folder03-06_R

データを移動したいタイトル上で右クリック。

展開されるメニューの最下部にある「プロパティ」をクリック。

 

選択ゲームのプロパティが表示されます。

folder03-07_R

上部にタブが並んでいますね。

ここで「ローカルファイル」タブを選択。

インストールフォルダの移動」をクリックします。

 

前項目で作成した、EドライブのSteamLibraryが移動先となっていることを確認。

folder03-08_R

フォルダを移動」をクリック。

 

これで手順は完了です!

処理が終わるまで、しばし待ちましょう (^^)

 

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>『おさえておきたいSteam基礎知識』記事一覧

=>『トップページ』に戻る