格安スマホでGeForce NOW (ソフトバンク)を遊んでみました

gfn-low-cost-smartphone00_R

「GeForce NOWって興味はあるけど、自分のスマホでちゃんと動くのか心配・・・」

こんな方、いらっしゃいませんか?

 

GeForce NOW Powered by SoftBankで公開されているスマホの要件は、「Android OS 5.0以降・メモリ2 GB以上」。

世に出回る、ほぼすべてのスマホがクリアしているのでは?

そう思えるほど、低いハードルです。

 

美味しすぎる話は、疑ってしまうのが人間というもの。

どうせ最新の高性能スマホじゃないと、無理なんでしょ?

こう疑われる方もいらっしゃるはず。私は疑っていました・・・

 

そんな折、幸運にもGeForce NOW Powered by SoftBank のベータテストに当選。

そこで早速、自身の格安スマホを使用して GeForce NOW をプレイ。

パフォーマンスやメモリの使用量などを確認してみました。

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



格安スマホで試してみた概要

使用スマホ

シャープ製のSHV40_u

fn-low-cost-smartphone01_R

「電話とLINEができればいいや・・・ゲーム・ネットはPCでやるし」

そんな気持ちで購入した格安スマホ。

端末代は10,000円程度だっとかと思います。

 

スペックは以下の通り。

 

  • OS

Android OS 9.0.0

  • メモリ

3 GB

 

必要な部分のみ抜粋しております。

 

ゲーム

遊ぶタイトルは No man’s Sky。

gfn-low-cost-smartphone07_R

Steamで配信中の宇宙サバイバルです。

 

MAPが広大で、植物や鉱物がいたる所に存在。

さらに建築要素もあり、自分好みの拠点を作成できます。

 

美麗なグラフィックも相まって、要求スペックは比較的高め。

 

  • 最低要件
  • OS

Windows 7(64 bit)

  • プロセッサー

Intel Core-i3

  • メモリー

8 GB RAM

  • グラフィック

NVIDIA GeForce GTX 480(1.5 GB VRAM)

 

PS4 コントローラーをBluetoothで無線接続。

操作していきます。

 

  • ゲーム内設定

グラフィック設定はULTRA。

テクスチャ・アニメーション品質などを最大にしています。

 

PCから起動した場合のパフォーマンスは、以下のように。

gfn-low-cost-smartphone02_R

なかなか重めです。

ネット環境

自宅に引いている光回線に、wi-fiで接続。

周波数は 2.4 GHz、速度は 72 Mbpsです。

gfn-low-cost-smartphone03_R

 

GeForce NOW Powered by SoftBank が推奨している周波数帯は、5 GHz。

2.4 GHzと比べて、「通信速度が速い・電波干渉を受けにくい」といった特徴があります。

 

しかし今回は、スマホ側が 5 GHz帯をサポートしておらず・・・

2.4 GHz を使用しています。

検証内容

GeForce NOWを利用して、スマホで No man’s Sky をプレイ。

  • 映像の質
  • 遅延の有無
  • メモリの使用具合

これらをチェックします。

果たして、どうなることやら・・・・

格安スマホで試してみた結果

  • 映像
gfn-low-cost-smartphone05_R

波や画面奥の山も、しっかり描写されているのがわかりますね。

文句なしの綺麗なグラフィック。ヌルヌルです。

しかし・・・

 

2~3秒おきに「カクカク」します。

調子が悪い時は、ほぼ常時カックカクです。

この点に関してはスマホ自体のスペックというより、むしろネット環境が影響しているものと思われます。

 

プレイ中頻繁に、通信状況に関するメッセージが表示。

gfn-low-cost-smartphone06_R

この前後において、著しく動きが悪くなってしまいました。

 

  •  遅延

コントローラーの操作に対する映像の遅延は、かなり少なめ。

違和感なく操作できました。

 

  • メモリ
gfn-low-cost-smartphone04_R

GeForce NOW 使用時の最大使用量は 、351 MB

このスマホのメモリは3 GBで、なかなか心もとない容量でしたが・・・

それでも、まだまだ余裕でした (^^)

結論・考察

「重要なのはインターネット環境」

今回の検証で、このように強く感じました。

 

本テストの計測時間は、1時間ほど。

その間に、映像のカクカクは数えきれないほど発生。

しかしフリーズやブラックアウトといったエラーは、一切起こりませんでした。

 

「画面が固まる」「強制終了」といった症状は、スペック不足の場合に発生するもの。

格安スマホでも、この点はクリアしているわけです。

 

適切なネット環境さえ整えれば、ほぼすべてのスマホにおいて快適プレイが可能なのではないでしょうか?

 

普段はPCでSteamを遊んでいる私ですが、「こりゃすごいな!」と正直ビビりました。

ipadで遊べれば、さらに夢が膨らむのですが・・・

 

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「GeForce NOW Powered by SoftBank」の最新情報・申込はこちらから

「GeForce NOW Powered by SoftBank」公式サイト

 

=>『GeForce NOW』記事一覧

=>『トップページ』に戻る