[Steam] PS4コントローラーのトリガー設定マニュアル

ps4-trigger00_R

PS4コントローラーならL2・R2、XboxコントローラーならLT・RTを指す「トリガー」。

本記事ではそんなトリガーについて、Steamにおける設定方法・および設定例をご紹介いたします。

 

内容としては、「ソフトプル・フルプルの使い分け」をメインに。

ご自身で設定される際に迷わぬよう、図が多めの解説となっております。

 

たかがトリガーと侮るなかれ。

適切に設定することで、プレイの自由度が大きく広がりがりますよ!

 

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

※ 本記事ではPS4コントローラーを例に解説しておりますが、Xboxコントローラーなどでも利用可能です。



トリガー設定の前にやっておくこと

初期設定

設定を行う前に、コントローラに関する「初期設定」を済ませておきましょう。

必要となる設定は、接続方法により異なります。

 

・ 無線(ワイヤレス)接続の場合

「ペアリング」および「PS4コントローラー設定」の有効化

 

・ 有線接続の場合

「PS4コントローラー設定」の有効化

 

どちらもごく短時間で完了する、簡単な設定。

ちゃちゃっと済ませてしまいましょう (^^)

 

設定の詳細については、こちらの記事をご覧くださいませ。

PS4コントローラーでSteamはプレイできます!接続・設定方法をご紹介

 

また、PS4コントローラーが繋がれていなければ設定はできません。

取り掛かる前に、PCに接続しておきましょう。

コントローラー設定画面を開く

まずはSteamクライアントを起動。

ps4controller-sensitivity01_R

右上のアイコンを選択します。

 

すると、Big Pictureモードのトップ画面が表示。

ps4controller-sensitivity02_R

ここで、設定を行いたいゲームを選択しましょう。

トップ画面に見当たらない場合、ライブラリから選択できます。

 

選択すると、ゲームの詳細が表示。

ps4controller-sensitivity03_R

画面左側、「ゲームを管理」カテゴリを選択。

続けて上段の「コントローラ設定」を選択します。

 

これでコントローラーの設定画面が開けました。

ps4controller-sensitivity04_R

これより、具体的なトリガーの設定ついてご説明いたします。

PS4コントローラーのトリガー設定

概要

本記事では例として、Steamホラー「MIST SURVIVAL」向けの設定をご紹介。

 

フルプルに左クリック(決定)を割当て

ソフトプルに左Ctrl(しゃがむ)を割当て

・ 各プルを使い分けやすいように、ソフトプルのトリガースタイルおよび位置を調整

 

上記のように、R2のトリガー設定をカスタマイズしていきます。

 

まずはR2の設定画面を開いていきましょう。

先ほどのコントローラー設定をご覧ください。

ps4-trigger01_R

ここで、「右トリガー」と表示されているR2のエリアを選択。

 

これでR2の設定画面へアクセスできました。

ps4-trigger02_R

変更する項目は上記画像の通り。

 

・ フルプルアクション

・ ソフトプルアクション

・ ソフトプルのトリガースタイル

・ ソフトプル位置

 

4項目を設定していきます。

 

「MIST SURVIVAL」はコントローラー非対応のゲーム。

デフォルトのR2設定では、押しても叩いても一切反応しません。

 

しかし、適切なトリガー設定に変更すれば問題なし。

正常にR2が動作するようになります。

 

また本設定は、他のゲームでも応用可能。

「コントローラーが対応していない」

「割当てたいキーが多すぎて、ボタンが足りない」

こんな場合に役立ちますよ!

 

そもそも、ソフトプル・フルプルってなに?

 

 ・ トリガーを浅く押し込むこと ・・・ ソフトプル

 ・ トリガーを深く押し込むこと ・・・ フルプル

 

このように呼びます。

ps4-trigger03-1_R

各状態には、異なるキーを設定可能。

1つのトリガーに対し、2つのアクションを割当てることができます。

 

ここまでが、本記事でご紹介するトリガー設定の概要。

これより、具体的な手順をご説明させていただきます。

フルプルアクション

フルプルに左クリック(決定)を割当てます。

まずはR2の設定画面をご覧ください。

ps4-trigger04_R

ここで「フルプルアクション」の項目を選択。

 

キー、およびバインドの設定画面へ移動します。

ps4-trigger05_R

 

キーはわかるけど・・・「バインド」ってなに?

 

「キーに対応するゲームの動作・機能」を指します。

ps4-trigger06_R

入力したバインドは、コントローラー設定画面に表示。

説明書のような役割ですね。

 

省略も可能ですが、後で設定を確認・修正する際に役立ちます。

 

それではバインドから設定していきましょう。

ps4-trigger07_R

「バインドを選択」のボックスにカーソルを合わせ、「決定」と入力。

 

ps4-trigger08_R

続きまして、「決定」にあたる左クリックを選択します。

 

すると、自動的に前の画面へ移動。

ps4-trigger09_R

フルプルアクションの項目に、「決定(左クリック)」と表示されます。

 

続きまして、「ソフトプルアクション」についてご説明させていただきます。

ソフトプルアクション

こちらの設定も、先ほどのフルプルアクション同様です。

「ソフトプルアクション」の項目を選択。

 

ps4-trigger11_R

バインドを入力し、割当てるキーを選択します。

 

ここではバインドに「しゃがむ」と入力し、「左Ctrl」を選択。

ps4-trigger12_R

手順後は、このように表示されます。

 

続きまして、「ソフトプルのトリガースタイル」についてご説明させていただきます。



ソフトプルのトリガースタイル

「トリガーを引いた時、ソフトプルがどのように反応するか?」

ここではこのような設定を行います。

ps4-trigger13_R

まずは「ソフトプルのトリガースタイル」を選択。

 

するとリストが展開、様々なスタイルが表示。

ps4-trigger14_R

この中からゲームやプレイスタイルに合わせ、適切な種類を選択していきます。

 

いろいろあるけど、どれがいいかわかんないんだけど・・・

 

お任せあれ。

 

・ 触発性トリガー(デフォルト設定)

・ ヒップファイア

 

上記2種類のトリガースタイルについて解説していきます。

これさえわかれば、ご自身でベストなスタイルを選択できますよ!

 

 ・ 触発性トリガー

「フルプルアクション時に、ソフトプルアクションも必ず動作する」という特徴があります。

具体的にご説明していきましょう。

 

先ほどR2のフルプルアクションに「決定(左クリック」)を、ソフトプルアクションに「しゃがむ(左Ctrl)」を割当てました。

MIST SURVIVAL において左クリックは、「殴る」といった攻撃動作も兼ねています。

 

ここで試しにR2をしっかり押し込み、その場でフルプル。

ps4-trigger16_R

すると「殴る」に加え、ソフトプルアクションの「しゃがむ」が同時に動作します。

 

ソフトプルアクションにキーを割当てていない場合は、問題ありませんが・・・

なにかしら割当てている場合フルプルアクションを単独で行えず、プレイの妨げになりかねません。

 

こんな時に役立つのがヒップファイアです。

 

 ・ ヒップファイア

「トリガーを素早く引く」ことで、フルプルアクションのみ動作させることが可能。

ps4-trigger17_R

ここではしゃがむ動作が入らず、「フルプルの攻撃だけ」が発生しています。

 

 ・ ソフトプル、およびフルプルに異なるキーを割当て

 ・ かつ、それぞれの動作を単独で行いたい

 

こんな場合に活用しましょう。

 

また、ヒップファイアには下記4種類のスタイルが存在。

 

① アグレッシブ

② アグノーマル

③ リラックス

④ エクスクルーシブ

 

それぞれ、「ソフトプルの省略に必要なトリガー速度」が異なります。

 

「アグレッシブ」は、要求されるトリガー速度が最も速いスタイル。

ゆっくりトリガーを引くと、ソフトプルが反応してしまいます。

 

「ノーマル」、「リラックス」と下位になるにつれて、要求速度が低下。

 

「エクスクルーシブ」は、ヒップファイアの中でも特徴的なスタイル。

ソフトプル、あるいはフルプルアクションが発生すると、もう一方の動作が発生しなくなります。

 

ゲームでの動作を確認し、ご自身に合ったスタイルを見つけましょう。

ps4-trigger15_R

個人的には「アグレッシブ」、あるいは「ノーマル」がおすすめです (^^)

 

続きまして、ソフトプル位置についてご説明させていただきます。

ソフトプル位置

ソフトプルアクションが発生する「トリガーの位置(深さ)」を調整することができます。

ps4-trigger18_R

まずは「ソフトプル位置」を選択。

すると、スライダーを左右に動かせるようになります。

 

スライダーを左側に動かすと、より浅い位置で。

右側に動かすと、より深い位置でソフトプルが反応するように。

ps4-trigger19_R

おすすめは若干左側へのスライダー調整。

 

デフォルトよりも、浅い位置でソフトプルアクションが発生。

「しゃがみ(ソフトプル)がしたかったのに、勢い余って決定(フルプル)を動作させてしまった」

本記事の例でいえば、こういった誤操作を防ぐことができます。

 

また、極端に左側へスライダーを移動させた場合。

軽くトリガーに指が掛かっただけでも、ソフトプルが反応してしまいます。

 

誤操作の原因になりかねませんので、あくまでほどほどに・・・

ps4-trigger20_R

ここまでの設定が完了すると、上記画像の通り表示されます。

 

 

「SteamにおけるPS4コントローラーのトリガー設定」についての解説は、以上となります。

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

=>はじめてでも簡単!コントローラーの設定方法一覧(PS4・Xbox他)

=>『トップページ』に戻る